2007年09月27日

2007/7/30 術後1ケ月数値データ(2)カラーコードマップ

レーシック・PRK検討中の皆様、こんばんは。瞳です。

今回は術後1ケ月目のカラーマップを・・・と思ったのですが、その前に・・・
舘眼科クリニックPRK手術をして3ケ月経ちました!
おかげさまで経過順調!クリアな視界を手に入れることができご機嫌です♪ヽ(´▽`)/

今でもたまに自宅ベランダからチェックポイント(オペ前後の物の見え方、スターバスト等の大きさを比較するための自分なりの目視ポイント箇所)を確認するのですが、スターバストがまた少し軽減したように感じます。
次回の検査時、是非とも例の「グレア測定器」(オプティックビジョンテスター)を経験したいですね〜(笑

ではでは早速、術後約1ケ月後のカラーコードマップをUPしたいと思います。
DSC02759 - copy.JPG
オペ日当日データと比較して(「オペ当日のカラーマップはこちら」)・・・全く違いますよね!
蝶ネクタイの形が跡形もなく消えています♪
おかげさまであれほど強かった乱視も今ではほとんど気にならなくなり快適に過ごせています。
(OD・・・右目、OS・・・左目)

舘眼科クリニックのHPに下記のような記載があります。
術後カ月くらいすると、最初に感じていた違和感も消えてきます。しかし、まだ完璧な状態ではありません。変化する可能性があります。もし、まだ乱視が残っていたりしても、追加矯正は急ぐべきではありません。

まだまだ途中経過ですものね。どうかこのまま落ち着いてくれますように!
posted by 瞳 at 15:53| 大阪 | Comment(4) | TrackBack(0) | 【体験談】術前術後数値データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

2007/7/30 術後1ケ月数値データ(1)

こんばんは。瞳です。

舘眼科クリニックPRK手術後約1ケ月経過した7月30日の数値データをUPしたいと思います。
DSC02755.JPG
両目で1.5見える・・・と術後1ケ月検診日の日記には書いていますが、左右それぞれで見ると1.2となっています。
この時、裸眼視力においては1週間目検診時と1ケ月検診時に差はありませんでした。

次に視力データですが、随分近視・乱視数値が落ち着いてきていますね!
DSC02757.JPGオペ日当日のデータと比べると大きな差がΣ(・ω・ノ)ノ!
※「オペ当日データ」「1週間目検診データ」と比べてみると分かりやすいと思います※

私的に1週間目検診後見え方の質がどんどん上がっていき、1ケ月検診時には「ここまで見えれば大満足!」と思っていました。
やはり”見え方の質”が術後患者が満足するかどうかの一つのポイントでしょうね。
但し、以前の記事でも書きましたが(こちら)過矯正になってしまっては何の意味もありません。
術前のカウンセリングでしっかり相談して下さいね!

角膜形状屈折力解析装置でとったカラーマップもあるのですが、これは次の記事で・・・。

話は全く変わりますが・・・久しぶりに以前書いた記事を読み直してみました。
「ヘイズ」と書いたはずなのに”ノイズ”と打っていたり、「眼科」のことを”がんK”と打っていたり・・・ミスが多いですねぇ(苦笑
随時修正していきますので宜しくお願いします(´・ω・`)ノ
posted by 瞳 at 00:12| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 【体験談】術前術後数値データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月23日

オルソケラトロジーについて

こんばんは。瞳です。

今日はオルソケラトロジー(オルソKとも言う)について書いてみたいと思います。
説明文は松原クリニックのHPを参考にさせていただきました。

オルソケラトロジーとは・・・
就寝時に特殊なデザインを施した高酸素透過性ハードコンタクト レンズを装用すると、起床時までに角膜の形が矯正され、一時的に視力回復できるという、画期的な近視治療法です。

仕組みは・・・
p_2.gif角膜の形に合った特殊な高酸素透過性ハードコンタクトレンズを就寝中に装用することにより、角膜の形状を平坦化し、屈折力を正常化させ、一時的に視力回復させます。
このようなメカニズムにより、起床時にレンズを外しても良好な視力が得られ、 日中は裸眼で過ごすことができるようになるのです。

オルソケラトロジーを実施している関西のクリニックは、安淵眼科フタバ眼科フジモト眼科等があるようです。

就寝中に「型を取る」・・・イメージとしては髪にヘアカーラーをつけて型を取ったり、ビューラーでまつげをあげたり、後は・・・矯正下着も同じ型取りの部類でしょうかね(笑
まぁ全て時間の経過と共に元に戻ってしまう・・・良くも悪くもオルソKも同じようなものでしょう。

私的に疑問に感じてしまうのは、いくら高酸素透過性ハードコンタクトと言っても目には負担が大きいのではないか?と思うのです。
少々古いですが下記URLの記事を見つけました。
http://www.clgakkai.jp/opinion/orthok3.htm
数年前の記事ですので、それ以降もちろん技術は進歩していると思います。が・・・やはり不安を感じてしまいます。

また、下記の記事もみつけました。(一部抜粋)
メッツの松井稼頭央内野手が左目を痛め試合を欠場。
少し目(の角膜)に傷がついて、ボヤけて見えるので大事をとった。今年から就寝中は「視力回復用」のコンタクトレンズを両目に装着している。そのレンズがズレて、左目の角膜に細かい傷がついたという。


この記事が書かれたのがいつなのか分かりませんが、就寝中に目に傷がつくこともあるって事ですよね。
どのサイトを見ても「元に戻せるから安心」的に書かれている事が多いように感じますが・・・。
「手術を受けるわけではないから」と簡単に考えずに、レーシック・PRK同様オルソケラトロジーについても医師とよく相談の上決められた方がよいと思いますよ!
posted by 瞳 at 02:47| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | オルソケラトロジーについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

2007/7/7 術後10日後数値データ

こんばんは。瞳です。

術後10日の1週間検診時のデータをUPしたいと思います。
DSC02753.JPG
この時点で両目で1.5見えていました!
術前コンタクトをしても1.0見えていなかったので、とても感動したのを覚えています。

当時の記事「術後11日目【検診日】」には『あの合わないコンタクトで見ていた世界と今の世界、全く違う・・・』と書いています。
通常裸眼生活に対する感動があったとしても、そこまで”見え方”に対する差はないのでは?と思いますよね。

何故見え方に感動したかと言うと・・・私は術前、普通のワンデーを使用していました。
無論乱視用使い捨てコンタクトは試してみましたが・・・私の場合医師から「通常のワンデーと乱視用で見え方に大きな差がない」と診断されました。
もちろん
自分が思ったようなクリアな視界を手に入れることは到底出来ませんでした・・・。

当時ワンデーアキュビューの乱視用は発売前だった為、他社の使い捨て乱視用を試したのですが・・・NG。
元々ボシュロムやチバビジョン(・・・だったと思いますが)の製品自体が私の目に合わなかったので、今思えば乱視用も合わなくて当然だったと言えるでしょう。
ワンデーアキュビュー乱視用が販売されていたら別だったかもしれませんけれど。


とにかく術前はコンタクトをつけた状態でも物がいつもブレたように見えていました。
それに慣れていた為まだ近視・乱視ともに残っていますが『クリアビジョン!』と感じたのでしょうね。
ranshi01.gif
乱視があるかも・・・と思われる方、是非「乱視表」でチェックしてみて下さい!
線が均一に見えない、濃淡があるように見える、と言った方は乱視の可能性があるかもしれません。
自分に合ったメガネ・コンタクトの矯正をしなければ、眼精疲労や肩こりになり身体までもだるく感じることもあります。
しっかり検査してみて下さいね!
posted by 瞳 at 00:49| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 【体験談】術前術後数値データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月20日

【紹介】レーシックポータルクリニック

おはようございます。瞳です。

先日ふと気が向いてYahoo
で”舘眼科クリニック”と入力しサイト巡りしてみたら・・・私のブログが二番目に表示されていました!∩(´∀`)∩ヤッタネ♪

その時以前「LASIK体験者によるレーシック入門」と言うサイトを紹介させていただいた、でぃえらさんのもう一つのサイト「レーシックポータルクリニック」にたどり着きました。
そうなんです、ご紹介するのをすっかり忘れていました・・・私自身体験談アンケートに答えて載せていただいていると言うのに、ホントすみません。。
※数ヶ月前レーシック体験談のところにアンケートを書かせていただきました!
色々なクリニック(品川近視クリニック・神戸クリニック等)で視力回復手術「PRK・レーシック・イントラレーシック」を受けた方々の体験談がまとめられています。とても参考になりますよ!

・・・PR・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
サイト名:レーシックポータルクリック

レーシック情報のポータルサイト。
このサイトでは、
レーシックについての正しい知識を身につけ、一人でも多くの方に満足できる視力回復が実現できるよう応援します。ちなみに、当サイトの運営者はみんなレーシック経験者です。
・・・PR・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

でぃえらさんは色々なクリニックに直接足を運ばれ訪問レポートを書いていらっしゃいますΣ(・ω・ノ)ノスゴイ!
そう!舘眼科クリニックにも直接行かれ、舘一男院長と対談もされているみたいですよ。

そのレポートに面白い情報が・・・。
なんと「グレア測定器(オプティックビジョンテスター)」なるものがあるのだとか!!グレアを測定って・・・どんな感じなんでしょうね??興味津々です!
これは・・・次回の3ケ月検診の時に是非体験してみたいものです♪(ΦωΦ)ふふふ・・
posted by 瞳 at 08:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 【体験談】相互リンク集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月18日

2007/6/27 オペ当日数値データ(3)

こんばんは。瞳です!

今日はオペ当日の数値データラストです!・・・が、これがUPしても説明が出来ないのです・・(゚ω゚;A)・・
私の勝手な憶測で書いてますのであしからず。。
読み取れる方がいらっしゃったら是非教えて下さい!
DSC02749.JPG
まずこちら・・・多分、オペ直前に計測した角膜厚についての数値だと思います。
それより何より「うん?」と思ったのが・・・私「男(M)」って印字されてる・・・( ´,_ゝ`)プッ
まぁ「F」と書き直されてるのでヨシとしましょう(笑


次の二枚はオペ時のデータでしょうか。
DSC02751 - copy.JPG(OD・・・右目、OS・・・左目)

オペに使用されたエキシマレーザー「VISX S4 IR」より出されたデータなのだと思います。
術前のデータ、指標データ、術後データ・・・だと思いますが、残念ながら詳細は私には読み取れません。

実際右目の方が手術時間が長く感じていましたが、このデータを見る限り左目74μmに比べて右目は93μm・・・なるほど、削る量が違う分時間もかかったと言うことなのでしょう(多分)。

DSC02752 - copy.JPGふと思ったのですが、どのクリニックでも「利き目の検査」ってありますよね。
今まで何故この検査があるのかあまり考えもしなかったのですが、両目の術後利き目の方が見えにくいと満足感は落ちると言われています
利き目の方を少しよく見えるようにする必要なんてあるのかもしれませんね。
もちろん全く別の事で必要な情報なのかもしれませんが・・・。

オペ日データはこれで終わりです。
次からは術後データをまとめていきたいと思います!
ラベル:舘一男
posted by 瞳 at 02:00| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 【体験談】術前術後数値データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

2007/6/27 オペ当日数値データ(2)カラーコードマップ

こんばんは。瞳です。

今日は私の角膜形状の測定した「カラーマップ(カラーコードマップ)」をお見せしたいと思います。

カラーマップについては以前の記事「検査機器」でも書きましたが、再度説明しておきますね。

■角膜形状の測定
OPDスキャン・ORBスキャン・(オーブスキャン)・トポグラフィ等と呼ばれる検査機器を用い、角膜の屈折力の分布をコンピュータで解析しカラーマップ(カラーコードマップ)にします。
角膜の形状・屈折力を把握でき、乱視の有無、特徴を調べることが可能。

DSC02746 - copy.JPG■2007/6/27現在
これが私のカラーマップです。
縦型の蝶ネクタイの形をしていますね・・・。強く乱視が強く出ていることが分かります

よ〜く見ておいて下さいね。
後日術後(7/30)のカラーマップもお見せしますが・・・結構大きな変化が見られますから!v(≧∇≦)v♪

舘眼科クリニックの検査機器はTOMEYと言うメーカーのようですね。機種の特定までは出来ませんでしたが、一応メーカーのURLを載せておきます。
http://www.tomey.co.jp/catalog/
shohin/tms4/tms4m_index.html


オペ当日のカルテは後3枚ありますので、後日一気にUPしますね!
posted by 瞳 at 02:47| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 【体験談】術前術後数値データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月15日

2007/6/27 オペ当日数値データ(1)

こんばんは。瞳です。

実家に戻っていたのでまたまたお久しぶりになってしまいましたね・・・(゚ー゚;A
今日はオペ日当日の数値データをUPしたいと思います。
DSC02745.JPG
左画像は・・・画像内には見えませんが上のほうに「手術記録」と書かれています。
上の段の数値は二番目の画像にある視力データと同じですから・・・下の特記事項の数値は裸眼視力1.2を目指した指標数値・・・なんでしょうかね??
これは先生に聞いてみないと分からないですね〜。
DSC02747.JPG
やはり視力データは日・時間等の諸条件によって多少の変動があるみたいですね。
検査する側の担当者によっても数値等に差が出る場合もあるのでしょう。
ORT(視能訓練士)とかOMT呼ばれる専門職の方々がいるので、どれほどかは分かりませんが差があるのだと思います。

DSC02748.JPG ORTとは視能訓練士とも呼ばれ、視能訓練士法に基づき、厚生労働大臣の免許を受け、視能訓練を専門技術とすることを認められた者です。
医師の指示のもとに、両眼視機能に障害のある者に対するその機能回復のための矯正訓練及びこれに必要な検査を行う業務をします。

そうそう、昨日はちゃこさんが舘眼科クリニックでPRK手術を受けられたはず・・・。
私のブログを見られるのは来週以降になるでしょうね。
また術後の様子等をお待ちしておりますヽ(´▽`)/

オペ当日の数値データはまだあるので次に・・・

posted by 瞳 at 19:45| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 【体験談】術前術後数値データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

2007/6/18 術前数値データ(2)

こんばんは。瞳です。

昨日の続きとなりますが、今日は「角膜内皮細胞」について書いてみたいと思います。

■2007/6/18 舘眼科クリニック
DSC02744.JPG角膜内皮細胞については以前書いた「検査機器」と言う記事でも触れていますが、今回はもう少し詳しく書いてみたいと思います。

左画像がスペキュラーマイクロスコープで測定した私の角膜内皮細胞データです。
残念ながら勉強不足で数値データを全て読み取ることが出来ません・・・。
ここで見ておきたいのは「CD(細胞数)」の数値と細胞の形と密度。1mu(平方ミリメートル)あたりどれぐらいの細胞密度なのかが重要となってきます。

 右目・・・3017個
 左目・・・3047個


まず再度角膜内皮について分かりやすく記載されているサイトがありましたので、是非そちらを参考にして下さい。
http://www.wakakusa-contact.com/cell.html

角膜内皮細胞とは、角膜の一番内側にある細胞のことです。(角膜の構造についてはこちらのサイト「Lasik Lab」で確認下さい)
この内皮細胞が正常に働くことにより角膜は透明に保たれ、光を眼の中へ透すことができます。

角膜内皮細胞は細胞の大きさのバラツキもなく、成人で2500〜3500個/mu程度あるのが正常です。
角膜内皮細胞が1000/mu以下になると角膜を透明に保つことが出来ず、角膜混濁が生じます。また、角膜浮腫が起こり「水泡性角膜症」となり、最悪の場合は失明と言うことも・・・。
年齢とともに減少し二度と再生しない細胞です。
そのため、一部の細胞が障害されるとその隣接する細胞がカバーするため一つの細胞自体が大きくなってしまいます。

私の場合3000以上の細胞数とはなっていますが・・・やはり大きさに多少バラツキがあるのが特徴ですね。
コンタクトの装用時間を守らず長時間使い続けていた事が悔やまれます・・(T_T)

また、50代以降になると心配なのが「白内障」ですよね。
角膜内皮細胞数が少ない場合手術が出来ない、なんてこともありえるようです。
コンタクトレンズは装用時間・方法を守りましょうね!必ず定期的に検査もしましょう!後悔しても後の祭りですから・・・。
posted by 瞳 at 00:59| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 【体験談】術前術後数値データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月04日

2007/6/18 術前数値データ(1)

こんばんは。瞳です。

今日は術前の数値データをUPしたいと思います。

■2007/6/18 舘眼科クリニック
DSC02742.JPG
まず角膜厚データ
手書きで書かれていますが、
 右目・・・556μm
 左目・・・574μm

ですね。
角膜厚の平均は520μm程度と言われていますから・・・両目とも550μm以上とは我ながら素晴らしい角膜厚です(笑

右下にあるのは多分眼圧データでしょうか。
 右目・・・14mmHg
 左目・・・15mmHg

一般的には正常眼圧10〜21mmHgと言われているようですが、日本人の平均はもう少し低いのだとか。
また、眼圧は1日の中でも上下変動するようです。(変動幅は3〜6mmHgもあるのだとか)
※眼圧が高めの方は定期的に診察してもらう事が大切です。

DSC02743.JPG次に視力データです。
数値の見方は以前の記事「視力結果の見方」で確認下さい。

Sがマイナス表記なので「近視」であることがわかります。
右目・・S−6.75、C−2.25、A176
左目・・S−6.75、C−2.00、A3


ここまでは以前書いた神奈川クリニック適応検査の数値データとあまり大きな差はないようですね。

後もう一つ「角膜内皮細胞」の検査画像もあるのですが、少し詳しく書きたいと思うので次の記事で。

posted by 瞳 at 00:15| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(1) | 【体験談】術前術後数値データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

術後2ケ月【検診日】

こんばんは。お久しぶりの瞳です。

先日(8/31)2ケ月目の検診に伺ったのですが結果はすこぶる順調でした♪
前回よりもよりクッキリ・ハッキリ物が見えるようになっている分見え方の質がよい為、実際の
視力は前回と大きく変わらないようでしたが自分の中では2.0の裸眼視力を手に入れたような錯覚に(笑

前回撮り忘れたカルテ(数値)。今回はちゃんとデジカメ持参で伺いました。
「カルテを撮って帰りたい」とお願いしたところ、
「ウチはオープンですからどーぞ!」と舘先生は快く承諾。
ブログに数値データ以外の部分もUPしたいと思っていたので隅から隅まで撮って帰ろうと思っていましたが、大変でしょうからとコピーを取って下さいました(^人^)感謝♪
術前検査の数値から順に今後UPしたいと思います。

この日はPRK手術を受けられる若い女性患者さんとそのお母様と思われる方が私の次にいらしてました。
やっぱりその彼女もPRK手術を選択したみたいですね。
受付の方に「ほとんどの患者さんがPRKなんですか?」と伺うと、今のところ今後予定しているレーシック手術が1件あるだけで後は全てPRK手術希望者なんだそうです。

その患者さんとも少しお話したのですが、やはり術前と言うことで少し緊張されているみたいでしたp(´∇`)q ファイト♪
金曜日にPRK手術受けられたのですから今現在は痛みは和らいで早くコンタクト外したい!って思われている頃でしょうか・・・。きっと明日には裸眼生活に感動することでしょう!

そうそう、受付の女性の方がPRK手術を受けられるのだとか!
私は手術の動画撮っていただきましたけど、一つだけ心残りがあったんですよね・・・。
それはPRK手術中の眼球画像!!グロいですか?・・・でも自分の目がどんなになっているか気になりません?
で、その受付の方に「是非術中の眼球画像撮ってブログかHPとかでUPして下さい!お願いします〜!」と懇願しておきました(笑
次回伺った際に聞いてみようと思います♪

posted by 瞳 at 01:36| 大阪 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 【体験談】PRK術後経過 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。