2008年02月05日

フェイキックIOLのデメリット

こんばんは。瞳です。

1月に帰省し友人と話しをした際、「フェイキックIOL」の話題が出たので今日はそのことについて書いてみたいと思います。

友人が経営している店舗のお客様がレーシックを受けに東京まで行かれたそうです。
そのお客様曰く、広島でレーシックを受けたい!と思う方の多くは、関東・関西にまで出向くとか・・・広島にもレーシッククリニックはあるけど高額だから、と言う理由らしいです(゚Д゚ノ)ノホント??

その方は残念なことに「適応外」となられ・・・そのクリニック(また聞きなのでクリニック名は不明)ではフェイキックIOLを勧められたそうです。
結局受けずに帰ってこられたそうですが、友人に「どうなの?フェイキックって?大丈夫?」と聞かれ・・・久々にコツコツ調べてみたわけです(´、ゝ`)フッ

以前も
フェイキックIOLについて書いたので、今回はデメリットに絞って書いてみます。

■角膜内皮細胞が減少します!!
何度も書いていますが角膜内皮細胞は再生することはありません・・・。年をとってから白内障になった場合、十分な角膜が残っていないと・・・手術することさえ出来ません。

■フェイキックIOLの場合縫合が必要で、術後乱視が出ることがある
元々乱視がない人の場合、強い乱視が出た時は相当辛いでしょう・・・。

■基本的に保険が適用されない
患者側の費用負担が大きい。

■緑内障を引き起こすこともある

などでしょうか・・・。
フェイキックIOLは「取り出せば元通り」では決してないと言うことを忘れてはいけませんね!!
友人自身もレーシックに興味を持っているようですけど、サーファーなので術式に悩んでるみたいですねぇ〜。。
posted by 瞳 at 02:04| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | フェイキックIOLについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月04日

新しいレーシック!Ziemer社の「Z-Lasik」

こんばんは、お久しぶりです、瞳です!

今日は新しいレーシックについて書いてみようと思います。
既にドクターが管理されている?サイトやブログ、ずいぶん前にRapterさんのブログでも「Ziemer社のFEMTO LDV」について書かれているので今更的ですが・・・(苦笑

Ziemer社と言う会社名は私は全く知りませんでしたが、
マイクロケラトーム「AMADEUSU」の開発メーカーなんだそうです。
今現在日本には導入されておらず、2月に東京レーシックセンターというクリニックで初めて導入されるとか。舘眼科クリニックとeVisionMateでつながっているようですね。

どんな術式なのか色々調べていたらYouTubeで動画を見つけましたので貼り付けておきますね!(英語ですけど・・・)
http://www.youtube.com/watch?v=XgmI9J-iuaI

◎東京レーシックセンターのHP説明文には・・・
  ・イントラレーシックよりも更に精密なレーザーメス
  ・切開面がよりスムーズできれいに切れる
  ・イントラレースのような熱凝固や熱変性を生じない
  ・イントラレースより角膜厚の損失がはるかに少ない
  ・イントラレースのような術後炎症を生じない
  ・装置がコンパクトで手術システムが複雑にならない
等々の特徴があるそうです。

術後フラップ面がイントラレースのような
熱火傷痕がなく、角膜の正常構造を残した状態で確認出来るようです。
また、軽量でイントラレースが約500kgのところ、Ziemer社のZ-Lasikは200kg。そして可動式!大きな特徴として、イントラレーシック手術の際の移動(フラップを開けたら別室に・・・)がない!これは患者の負担が減るので大きなメリットですね!

もっと詳しく書きたかったのですが、情報がなかなかなくて・・・。

また英語が分かる方はZiemer社の説明で詳細をどうぞ・・・(Ziemer Z-Lasikこちら

posted by 瞳 at 00:59| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 目についてのプチ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。