2008年06月17日

安淵眼科でエピレーシック 〜きっかけ〜

安淵眼科にてEpi体験  2008年4月実施

MY DATA
裸眼 右目0,06 左0,07 乱視あり
中学時代から十数年コンタクトを使用   ハード→ソフト→2week使い捨て


手術を受けようと思ったきっかけ
近視矯正手術を受けようと考えている人のほとんどがそうだと思いますが・・
・とにかくコンタクト・メガネの生活がめんどくさい! 
・だんだんと目が疲れやすく、乾きやすくなっているのを実感。
・家に帰ってきてコンタクトを外してもメガネがないと日常生活が送れないので不便。
・旅行の持ち物が増える。移動中に眠れない。

・・などなど。書いてるだけでイライラしてきます(笑)

・不測の事態のとき見えないと怖い!
阪神大震災を経験しているから感じるのかもしれませんが、寝起きにまずメガネを探さないといけない自分は危険なのではないかと。それに今後、結婚して子育てする時も何かと不便ですしね。

そんな理由で手術を受けたいなぁと長年ぼんやり思っていましたが、やはり踏み切れずにいました。
実行したのは、ニュースキャスターの安藤優子さんや多くの芸能人が手術を受けたことを公言するようになったことで恐怖心が薄くなったのと、自分のなかでのタイミングに今がぴったり合ったからだと思います。


眼科の選択についてにつづく・・・
posted by 瞳 at 23:12| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【安淵眼科】マリさんの体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。