2008年06月18日

安淵眼科でエピレーシック 〜眼科の選択〜

眼科の選択について

1)担当医が手術数をこなしていて腕が信用できること
2)近視矯正以外の手術もしており、眼の疾患について詳しいこと
3)家から遠すぎないこと


基本的に以上を満たす眼科を探し、気になったところには質問したり資料を取り寄せたりしました。
結果、資料が大変詳しくてMY条件リストを満たしている「安淵眼科」にて検査を受けることにしました。

時間が許すなら様々な眼科を訪ねて説明・検査を受けるといいと思います。
ただし、自分の中での譲れない条件リストはお忘れなく!


術式の決定
私が受けた眼科の場合は3種類から選べました。
最初はレーシック(LASIK)の予定だったのですが、結局Epi(epitome-PRK)に変更。
見え方のスッキリ感がいいのと、フラップが残らないことが決め手でした。
各方法にメリット・デメリットがありますから、天秤にかけて自分にとって一番良いと思える方法を決めてくださいね。


※瞳よりワンポイント※
epitome-PRKがおわかりにならない方は、下記安淵眼科URLを参照下さい。
安淵眼科/術式の違い
http://www.yasubuchi-ganka.com/


posted by 瞳 at 13:57| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【安淵眼科】マリさんの体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。