2007年06月22日

イントラ・レーシックへの疑問(3)

こんにちは。瞳です。

今回もまた私が感じた疑問を書いていきますね。
まだ尽きぬ疑問・・・年齢的にそろそろ老眼(もうちょっと早いけど・・・)の事についても考えなくちゃとヾ(;´▽`A

Q:老眼に対する影響は?

40代後半(早い人で30代)から老眼の症状が出始めると言われています。視力回復手術全般で老眼が進むとは思いませんが、何かしら影響があるのでは?と思ったんですね。

色々調べて見て分かったことは・・・
良くも悪くも影響はないようです。レーシックで老眼を治療することは出来ないと言う事。

老眼と言うのは水晶体(左図参照)の老化現象によって引き起こされるものです。
私の祖母を思い出しました。いつもは眼鏡をかけているのに、新聞を読むときは外してた・・・これが老眼の症状ですね。

about01_01[1].gifレーシックで角膜の屈折異常を治療したところで意味がない、のだそうです。

※屈折異常・・・近視・遠視・乱視
※調節異常・・・老眼


ただし、近視の人がレーシックを受け正視となる事で、老眼を認識しやすくなると言われています。
近視があるとピントが元々近くにありますから、老眼になっても自覚しにくいと言う事です。

私がいつも参考にさせていただいているLASIK LABと言うサイトに下記のように書かれています。

レーシックを含め視力矯正の治療というのは、いかなる場合でも安全性を第一に考える必要があります。裸眼視力をただ単純に上げればそれが最善の治療ということにはなりません。画一的な治療で良いわけではなく、その人の年齢や近視の強さ、どういった視力を希望するのか、によって治療の方針は異なってくるものです。

老眼が出る年代になっても近くが見えるようにする為、矯正視力を低く設定しておく・・・と言う事も大切なんですね。

選択1)術後近くも遠くもよく見えるように矯正視力を設定しておく。老眼が出た時には近くが見えにくくなってしまいます。

選択2)矯正視力を調整し近くはよく見えるが遠くはほどほどに設定しておく。老眼が出ても見え方はあまり変わらない。

と言う事ではないでしょうか。
※現在はCKと言う老眼矯正手術もあると言う事ですが、そこまでは勉強不足です・・・。


やっぱり年齢的に老眼も気になるものです。
普通に考えて今まで生きてきたよりも、更に長い時間を自分の眼と一緒に生きていくのですから・・・。

ではでは、また疑問点をまとめてUPしますね!

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

レーシック手術
Excerpt: レーシック手術失敗について
Weblog: ■首都圏在住のマンションヲタクに捧げるブログ■
Tracked: 2009-02-26 09:38
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。