2007年06月24日

レーシックの費用

こんばんは。瞳です。

レーシックの費用ってバカになりませんよね。
あくまでもレーシックは自由診療ですから、クリニックによって価格差は大きいと言えます。

はじめクリニックをいくつかピックアップしましたが、私の場合今思えば価格で選んでいたところが大きかったように思います。もちろん今でも負担が少ないほうがいい!と思っていますけどね(笑

しかし、レーシックの治療には専用の機器(1台数千万の単位です)が必要ですから
莫大な設備投資が必要と言えます。
また、
優秀なスタッフ・術後の検診等の費用、そう考えるとあまり安価に設定されているのも不安を覚えます。「中古の機器なのではないか?」とかね・・・そんなこと考えるの私だけ?・・・じゃないですよね!多分・・・?

ただ、安価な設定が悪いと言っているわけではありません。安価に設定出来る理由があるのでしょう。

例えば・・・
 ・大々的に告知活動をしていない
 (クチコミ・紹介・HPのみで広告)
 ・家賃が安い
 ・レーシック以外の他診療も行っている
 ・手術件数が多い

等があげられるでしょう。

この中で私が不安に感じていたのは
「手術件数が多い」です。1手術あたりの単価を下げる(価格を安価に設定する)には、数をこなさなければなりません。
それが「悪い!」とまでは言いません。けれど私にとってはとても不安な事でした。

私は持病があり、ずっと治療の為通院していました。信頼出来る病院を見つけ同じ先生に数年にわたり診察を受けて完治とまでは行きませんが落ち着いている状態です。

以前の記事「【クリニックを選ぶ】品川・神奈川の比較」でしつこいぐらいにクリニックに問合せたのが担当医について。執刀医に事前に会えないのが不安でした。
私の中で
レーシック手術が特別ではなく、今まで通常かかっていた病院と同じように「信頼出来る担当の医師」が必要だったんです。

担当医師がカウンセリングをしてくれて、執刀医となり、その後の経過もチェックしてくれる・・・。
自分の中で当たり前だったことが、この視力回復手術では通用しないんだな・・・そう感じました。他のサイトで書かれていて「なるほど」と思ったのが、数をこなす為「ベルトコンベアー診療だ」と。
流れ作業的な手術・診療でも成功すれば問題ないのかもしれません。が、自分には合ってない!と思いそのクリニックを選びませんでした。

私と同じように不安だと感じた方はそれをクリニックに伝えてみてもいいでしょう。どのクリニックでも基本的には執刀医を選ぶ事はできますから(追加料金を取られる場合もあります)。

また、費用を考える時に必ずクリニックのキャンペーンをチェックした方がいいですよ!
紹介キャンペーン・平日割引等、クリニックによって価格競争がなされています。適応検査時にチケットを持っていかなければダメ、なんて場合もありますので要注意です!

後は「医療費控除」「生命保険の給付金」についても調べておく必要があります。

医療費控除・・・
月〜12月までの間にご本人または、ご家族(税法での「生計を一にする親族」)が支払った医療費が10万円を超える場合は、確定申告をすれば税金の還付が受けられます。確定申告の際に控除対象になるかどうか、お住まいの地域の税務署にお問い合せください。領収書の紛失には要注意!

生命保険の給付金・・・
生命保険・医療保険に加入されている場合、ご契約内容および生命保険会社によっては、手術給付金が支給される場合があります。(5〜10万程度が戻ってくる可能性あり)
多くのクリニックでは診断書料金(5,000円程度)が必要です。

10万単位のお金が動くわけですから・・・貧乏庶民の私は必死なわけです。
そしてワガママかもしれませんが、信頼出来るお医者様に安価で診ていただきたい・・・そう思ってしまうんですよね(笑

posted by 瞳 at 01:22| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | クリニックを選ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/45738654
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。