2007年06月30日

1)PRK手術当日〜院内・検査〜

こんにちは。瞳です。

術後初めての更新ですね!
さすがに保護用コンタクトレンズを外すまでは更新する気にはなれず・・・まぁ思った通り、いや以上の痛さ・辛さでした!

3日目検診でコンタクトを外してもらい、やっと涙と鼻水の日々にさようなら!です(笑

早速手術当日の様子をリポートしたいと思うのですが、膨大なリポート量(画像含む為)となるので何パターンかに分けてUPしていきたいと思います。
舘院長にお願いして何枚か画像を撮らせていただきました。手術当日この時間帯は私一人でしたので思う存分撮らせていただきました!

まずはクリニック内の様子と手術までの流れを画像と合わせてリポートしますね。


■6月27日(水) 午後13:30 晴れ時々くもり

13時過ぎに京都駅に降り立った私。
暑さと緊張感からかやたら喉が渇く。クリニックに行く前にお茶を購入し、外は暑いので早めに出向く事にしました。

DSC02431.JPG舘眼科クリニックHPそのままの美しいクリニック!
角度を変えて入り口を正面にして撮って見ました。

入り口を入ってすぐ受付(画像正面)があり、受付の裏手にはロッカーがあります。
こちらのロッカーは貴重品入れとなっているので、女性のバッグは大きいので入らないかも。手術当日は小さめのバッグで来院することをお勧めします。

画面左の長細いガラス面からはオペ室を除くことが出来ます。
通常はクリアな状態になっていますが、オペ中はスモークガラス(白いガラスで中を見ることが出来ない状態)になります。

DSC02436.JPG上記画像の背側にはパソコンが二台置いてあり、こちらで案内(DVD)を見ることが出来るようです
(修正)こちらで見れるのはパワーポイントの画像です。スタッフの女性の方にレーシック・PRKを受けるにあたって必要な情報を画面を見ながら説明してもらえるみたいです。

私が適応検査に伺った時には準備段階と言う事で見ることが出来ませんでしたが、術後3日目検診の時には使用されてました。
機会があったら是非見せてもらおう・・・。

DSC02434.JPG受付を済ませ、しばし待っていると前回の検査時には見かけなかった受付の方が。
テキパキとされた対応からも経験者であることが分かります。

その方に連れられ検査室へ。

オートレフケラトメーターで屈折率を測定し、その後角膜形状屈折力解析装置で屈折力等の測定をします。

※オートレフケラトメーターとは?
近視・乱視・遠視がどの程度あるのか。角膜のカーブの状態を調べることが出来ます。
コンタクトレンズを買いに行った時、「真ん中の赤い風船(屋根)を見てて下さ〜い」って言われるアレです。

※角膜形状屈折力解析装置とは?
角膜の屈折力の分布をコンピュータで解析しカラーマップにします。
角膜の形状・屈折力を把握でき、乱視の有無、特徴を調べることが可能です。

DSC02433.JPG
その後、測定値を元に舘院長のカウンセリング、舘院長による矯正視力検査になります。
(先程の検査機器の横に二台視力検査機があります、右画像参照)

適応検査時に既に舘院長自ら矯正視力検査をしていただけると伺っていたのですが、やはり安心感が違います。

以前疑問(1)疑問(3)でも書かせていただいたように、患者と医師との間に術後矯正視力に対する意識の差、ギャップをなくなさければならないと私は考えていました。
カウンセリングだけではなく、矯正視力も執刀医である舘院長に測定いただけるとやはり患者の安心感に繋がりますよね。

でぃえらさんのブログでも書かれていましたが、緑と赤の◎検査(「」レッドグリーンテスト」と呼ばれています)も念入りにされました。この検査はとても重要なんだそうです。

「レッドグリーンテスト」とは?
  • 赤地の方が良く見える場合: 近視状態
  • 両方良く見える場合: 正視状態
  • 緑地の方が良く見える場合: 遠視状態

  • ※ついでに放射線状の時計のような検査ありますよね。あれで乱視かどうか分かるようですよ。

    ここで矯正視力を測り、どれぐらいに設定しておいた方がいいのか確認しようと思っていましたが・・・やっぱり舘院長の方からちゃんと説明をして下さいました(笑

    舘院長「矯正視力で1.5は可能だけど・・・近視を少し残しておいた方がいいと思うんだよね」

    瞳   「やっぱり老眼になった時を考えて・・・ですか」

    舘院長「いや、老眼になってからではなくて術後を考えて。パソコンをする時間が長いようだから手元が見えないと困るでしょう」

    瞳   「そうですね。矯正で1.0見えればいいと思っているし、手元がハッキリ見えた方がいいので少し近視を残して下さい」

    こんな会話をしたのを覚えています。

    もし、会話の意味が分からない・・・と思ってらっしゃる方はもう一度私のブログを見ていただくか、私がご紹介させていただいているブログを見て下さいね!

    これから長く付き合っていく自分たちの眼です。何事も医師任せではいけない、私はそう思います。

    はじめて適応検査に行った当時・・・と言っても極最近ですが、私は何の知識もなくお医者様の言われた通りにしておけばハッピー裸眼生活♪なんて呑気に考えていました。
    今考えるとハッキリ言ってゾッとします・・・なんて無知だったのか。

    事前にある程度の知識を学んでおかなければ、後から後悔することになるかもしれません。
    後悔しても術後元の眼に戻ることはないのですから、しっかり理解して手術に望んで下さいね!!

    2)PRK手術当日へ続く・・・

    posted by 瞳 at 18:36| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 【体験談】PRK手術の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]

    認証コード: [必須入力]


    ※画像の中の文字を半角で入力してください。
    この記事へのトラックバックURL
    http://blog.seesaa.jp/tb/46288231
    ※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

    この記事へのトラックバック

    視力 検査
    Excerpt: 視力検査今日は朝一でみーちゃんの視力検査! いつも幼稚園おわった後の検査はねむたくて片目だけしか検査ができず、今回は頑張って九時に予約しました! やっぱり朝一だと、機嫌が良くて、検査もスムーズにいきま..
    Weblog: 視力回復トレーニングキャンプ
    Tracked: 2007-08-05 00:54
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。