2007年07月05日

PRKを選択肢に入れよう!

こんにちは。瞳です。

早速先程の続きを書いていこうと思います。

術前PRKとレーシックを比較検討し、私はPRK手術を選択しました。
各クリニックではPRKは野球選手・格闘技選手に向いている手術、痛みが伴う・・・程度しか書かれていません。
どのサイトも情報に乏しく、私はPRKの改良された術式がイントラレーシックと思っていたぐらいですから(笑

しかし、調べれば調べるほど痛みやヘイズ、視力回復に時間を要する点を除けば、
「安全性」「目の負担」に強いPRKの方がより良い選択と言えるのではないかと思えるのです。

「舘眼科クリニック」の舘先生が書かれているLasik Labでは下記のように書かれています。
フラップ作成時から眼にかかるあらゆるストレスが存在しないこの方式の安全性の高さは、今こそ再認識されてもよいのではないか。

「安淵眼科」のHPでは・・・
私はLASIK/Intra-LASIK よりも、Epi の方がよいと思っていますが、患者さんはあまり希望してくれません。

しかし、ほとんどのクリニックのカウンセリングではPRKと言う手術の名前すら出ません。

何故クリニックの多くはレーシックとイントラレーシックを勧めるのか。
私なりに考えて見ました。

「目の痛み」「視力回復の時間」が安定し通常の日常生活が送れるまでには1週間程度必要です。
しかし、本格的な視力安定には少なくとも1ケ月、通常3〜6ケ月必要と言われてします。

確かに目の痛みや視力回復が遅れると仕事や生活に多少なりとも影響を与えることはあるでしょう。
しかし、それよりも重要なのは安全性ではないかと思うのです。

フラップを作成することにより下記のデメリットもあげられますが、クリニックのサイトではサラッと書いてあるだけではないですか?

・フラップの痕が一生残り続ける
・フラップは一生固着しない
・フラップ不良による合併症が起こる
・痛覚・触覚の低下


私の場合、フラップが一生固着しないことが非常に怖かった。クリニックのサイトを見る限りこのことは書かれていなかったのではないかと思う。

また、クチコミサイトや視力回復手術を行っていない眼科のサイトで
「レーシック手術を受けた患者の中にフラップに皺が寄っている方や、ズレている方、フラップ断面があまりキレイとは言えない方が最近目立つようになった。」
と言った感じのことが書かれていた。

患者のリスク回避を考えれば「PRK」と言う手術をもっと全面に出し、一つの選択肢としてアピールおよび説明するべきではないのか?
そう考えるのは当然ではないでしょうか。

何故クリニックの多くはレーシックやイントラレーシックを勧めるのか。

ずっと疑問でした。
疑問を疑問のまま残すのは性に合わないタイプなので、ネット検索放浪を重ね自分なりにこの疑問を結論付けるてみました。
正しいかどうかは別として一つの意見として読んで下さいね。

・・・私の結論・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
レーシックよりもイントラレーシックの方が、どんな医師が執刀しても失敗が少ない(医師の技術はほとんど必要ない)事から、数十人単位の医師がいる大手と言われるクリニックではこちらを勧めることが多いようです。
数をこなしていく・・・事に向いている術式だと考えられます。

また、私が考える大きなポイントは・・・レーシック・イントラレーシックにおいては痛みや視力回復に時間を要する必要がありません。
よって、アフターケアに力を入れる必要がないことも考えられるのではないでしょうか


PRKの場合は、痛み・視力回復に要する時間がかかるため、長期的な手厚いサポートなしでこの手術は考えられません。医師の負担は大きくなると考えられます。
アフターケアに時間を割けば割くほど医師の活動時間は浪費されることになり、オペ数をこなせなくなりますので金銭的にも不利だとも言えますね。
アフターケア(サポート)に時間を割かなくてすむ。これはクリニックにとっての大きなメリットと言えるでしょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私はPRK(視力回復手術)を受けましょうと推奨しているわけではありません。
ただ、野球選手・格闘技等の特殊な職業の方々でなくともPRKを選択肢として考えてもいいのではないかと思うのです。

今現在レーシックを受けようと思っている方は20・30代が中心ではないかと思います。
先の将来はまだまだ倍以上あります。
ずっと付き合っていく目だからこそ!二つしか持っていない、取替えがきかない目だからこそ!複数の選択肢から選ぶことが大切だと思います。

皆さんにお勧めするのはセカンドオピニオンです。
言葉の意味は知っているようで知らないのかもしれません。
一人の医師の意見だけで決めてしまわずに、別の医師の意見も聞いて「患者」が治療法などを決めることを指します。

選ぶのは患者である私達です。
偉そうに色々書いてますが、お恥かしい事に私も初めは「イントラ!」と決め付けてかかっていたタイプの人間です(苦笑
が、複数のクリニックに行く事で知識も備わり、自分に合った選択「PRK手術」を決意する事が出来ました

レーシック・イントラレーシックをご検討中の方、是非PRKも選択肢に入れて再度考えてみて下さい!

皆さんがご自分の目に合ったより良い選択が出来るよう祈ってます!!

【関連する記事】
posted by 瞳 at 20:15| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 【PRK研究室】〜比較・Q&A〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
瞳さん 初めまして。
賑わっている瞳さんのブログに遅ればせながら御挨拶に参りました。m(_ _)m

Raptorさんに色々教わりながらお勉強をしている福岡在住39歳♀です。
6月の初めに某クリニックで適応検査を受けてやる気満々! だったのですがRaptorさんに色々教わるうちに不信が募り・・・信頼できるドクターを探していた所 舘先生の事・瞳さんの事を知りブログ毎日拝見させて頂いております。 m(_ _)m

・・・ただ日に日に盛り上がり♪を見せる御三方のやり取りにコメントを躊躇しておりました。(^^;

私もようやく今月末に舘先生の下 適応検査・カウンセリングを御願いできる事になりそうです。
これから度々お邪魔させて頂きますので宜しくお願い致します。






Posted by ちゃこ at 2007年07月05日 23:47
ちゃこさん、はじめまして。こんばんは!
私も30代です。女性の方の訪問とっても嬉しいです!
・・・賑わってますか?どちらかと言うと賑わして下さっている「Rさん」とかが来て下さるからなんですよ(笑

私と同じですね。6月初めの時点ではイントラ!裸眼!なんて思っていましたが、ちゃこさんと同じようにクリニックの対応に不信感が・・・。
今では一旦その熱が冷め、冷静に自分の主治医を見つけることが出来て良かった!と心から思っています。
福岡から来京大変ですね。気持ちは分かります。歯科を探すのとはわけが違いますものね・・・。

拙いブログですけど、気が向いたらこれからもどんどん遊びに来て下さいね!
どうぞ宜しくお願いします♪
Posted by 瞳(管理人) at 2007年07月06日 00:05
こんにちは瞳さん
私は関東在住の30歳男性です
ここ最近レーシックを検討していて5か所位眼科を見てきました。
そこで医師に説明を受けた内容と、ここで記載されている内容が違うので伺いたいのですが。
フラップの強度についてです。
・フラップの痕が一生残り続ける
・フラップは一生固着しない
と記載がありますが、フラップ痕は消えてレーシックを受けたことも判定できないレベルになる。ことと、固着については、2,3年というレベルで見れば癒着してしまい、再手術の際に剥がすのも困難になるそうです。
また中には実質層が再生してしまう人がいて近視の戻りの原因になってしまう人もいると説明されました。
フラップの強度については、考え方を変えると、フラップがずれてしまうような外力を受けてしまうと、正眼の人でも同等のダメージを受けるそうです。
術後早期段階での場合は別でしょうが、長い人生の年単位でみると、そんなに心配するほど強度が落ちるわけではないと説明されました。
私は医師ではないので、医師に説明されたことを書いたのですが、どのようにお考えでしょうか?
正直レーシックとPRKで迷っていて、病院も術式によって違うところを検討していたので、よろしければご教授ください。
舘先生とかはどのようにおかんがえなんでしょうかね?
Posted by もっこす at 2008年02月07日 23:00
こんにちは、はじめまして、もっこすさん。
お返事遅れてすみません…。

早速ですが、フラップについては実際のところ「技術の差」「術式」「個体差」が大きいのではないかと思っています。

以前、舘眼科クリニックでレーシックを受ける方が多くなったと伺ったので色々聞いてきたのですが、術後1〜2ケ月程度でフラップ痕が分らない程奇麗に着いている方もいたそうです。
近視度数によって角膜を削る量が異なってくる為、フラップ固着度も個体差が生まれるでしょう。
やはり医師の技術によるものもあるのかもしれませんが、私は医師ではないので判断がつきません…。

>フラップ痕は消えてレーシックを受けたことも判定できないレベルになる。
と言うのも間違いではないですが、「手術を受けた人全員がフラップ痕が分らなくなる」とは決して言えないように思います。ある程度の年数が経てば固着度は高まるとは思いますが。
また、術式の違いによっても違うのでしょう。新しい機器(Z-lasik)の性能が気になるところですが、まだ日本には入っていないようですね。

私は「PRKで良かった!」と言う気持ちからブログを書いていますので、どうしてもPRKよりの書き方になっています。そのことについてはご了承下さいね。

もっこすさんはもう手術を受けられたかもしれませんが、良い結果となるよう心から祈っています!!
Posted by 瞳(管理人) at 2008年02月22日 14:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。