2007年07月09日

PRK手術器具

こんばんは。瞳です。

最近何だかこのブログ、マニアックな方向に移行してますよねぇ・・・(苦笑
でもPRK手術を受け、友達も興味津々で「どんな感じだった?」と聞かれ説明するけど口では上手く説明出来ない・・・多いんですよね。なので画像使って説明したいと思います!

copy` DSC02488.JPG
私の術式はPRKでしたので、この画像にある器具だけ(レーザー等は除く)を使ってのオペでした。
なんだか・・・お父さんが持ってる工具みたいですよね?(笑

★工具にまつわる小話
舘先生
は板前さんがお店を変わっても自分の包丁を持ち歩くのと同じように、この器具を愛用されているそうです。
東京八重洲クリニックにいらした頃もこの器具を使用してオペされてたんですね。
まるで職人さんのようで驚きました。
自分で厳選した手術器具を使用する・・・それだけ緻密な手術と言えるのでしょう。

上記画像に番号を振ってみましたので、一つづつ簡単に説明しますね!

(1)(2)開眼器
レーシック手術の場合や目が小さい方の時には@の開眼器を使用し、PRKの場合は通常Aを使用されるそうです。@の方がより強力で絶対に眼を閉じることがないように固定可能。

(3)眼球固定器具
レーザー照射中どうしても眼が動いてしまう方がたまにいるそうです。これに当てはまるのはほぼ男性だとか・・・。
危険が伴うため、固定器具を使用し眼球の動きを止めるようです。
片側には刃のような物がついており、より安定が必要な方の場合はこちら側を使用するとの事。

(4)フォーセップ
上皮を取り除く際に使用されました。

(5)(6)ボアーズアクシスマーカー
PRK手術の場合は上皮を捲る為の目印として使用されました。
レーシックの場合はフラップを元の位置に戻す必要があります。フラップのズレを防ぐ為その目印として使用されますが、PRKと異なるのはインクをマーカーにつけ眼に印をつけるという違いがあります。

(7)バハモンレーシックスパーテル

上皮を剥がす時、フラップを捲り上げる際に使用する器具。

(8)スパチュラ(ウェットスポンジ)
溢れる涙を吸い取ったり、希釈したアルコールを眼につける時に使用。
maikurokerato-mu.jpg
レーシックの場合は上記器具の他、「マイクロケラトーム」(右画像)と言う機器が必要ですね。
※Raporさん情報→術後にフラップの裏側を洗浄するために「カニューラ」って器具も使用するのだそうです。

マイクロケラトームとは?
フラップを作成する機器です。例えるなら工具のカンナと言った感じです。
下の部分(リング状)で眼を吸引して回転しながらフラップを作成します。通常は上側にヒンジ(フタのつなぎ目)を作成しますが、舘眼科クリニックでは
下側にヒンジを作るなど眼へのストレス軽減の為の工夫をされています。

★ケラトームの恐怖!?
(デメリットについて)
眼球を固定し吸引し・・・なんだか怖い響きです。
吸引時間は15秒程度。この間吸引されている状態=眼圧が下がります。普段の8倍程度の眼圧が眼にかかるわけですから、相当なストレス状態と言えますね。
もっと簡単に言えば、吸引=眼に血液が流れていない時間を指しますのでブラックアウト(眼が気絶した状態)が起きます
網膜剥離を起こす可能性があるそうです。

次はもっと掘り下げて?「クリーンルーム」から「VISX S4 IRのレーザー照射(動画有)」ついて書いて見ようと思います!
では・・・
あっ、上の(3)(8)の名称分かったら誰か教えて下さい(笑
マニアMAXなRaptorさんが教えて下さいましたので、上記名称書き換えました!

posted by 瞳 at 00:17| 大阪 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 手術検査機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Jackさんと同じ手を。。(;^_^A
3は画像では見にくいですが、ただのピンセットかも。
8はウェットスポンジまたはスパチュラです。

あと、フラップを下に作ると眼にストレスかかります。それでもSCL保護をしてまで下に作るのは、日常生活では手元見る場合が多いので、そこに切れ込みが無い方が見やすいだろう。との配慮です。なお、ヒンジの場所に関しては、それぞれ一長一短あるので医師の好み次第です。

あと○数字は、環境によって文字化けするので止めたほうが良いですよ。(´ω`)
Posted by Raptor at 2007年07月09日 10:32
あ〜っ、ゴメン!もっとマニアな呼び方が知りたかったんだよね(笑)

3は「フォーセップ」です。
あと、術後にフラップの裏側を洗浄するために「カニューラ」って器具も使います。
Posted by Raptor at 2007年07月09日 10:50
ふふふ・・・やっぱり食いついてきましたね!マニアな記事を見ると身体が疼き、ほおっておけないでしょう!?元祖マニアマックスRaptorさん( ̄ー ̄)ニヤリッ

そーか「スパチュラ」だ!思い出せなくって書いて帰ればよかったと思ってたんですよね。変更しておこうっと♪
後ヒンジの件勉強になりました!

数字変えておきました。画像はそのままだけど。文字化けすることあるんですねー全然知らなかった・・・。
Posted by 瞳(管理人) at 2007年07月09日 12:40
そーですよ!マニアな呼び方じゃないと『マニア同盟』に入れませんから(笑

それにしてもよく分かりますねぇ。どこで調べたら分かるの?・・・私なんて調べても分からないから「名称不明」なんて書いてるのに・・・(苦笑

ありがとーございました!
Posted by 瞳(管理人) at 2007年07月09日 12:45
一本釣りされたからには、もっとマニアに話すすめる?(笑)

写真に映っている製品について。この8番の器具は、医療用捲綿子として認可が下りてます(認可番号:07B1X00003)

BD(日本ベクトン・ディッキンソン株式会社)の型番581709「ビジテック LASIK サージカルスポンジ 槍型」です。100本入りで売られています。

先端部(綿球部)はポリビニルアルコール(PVA、ポバール)製、柄の部分はポリプロピレン製です。

どう?(笑)
Posted by Raptor at 2007年07月09日 12:50
どんな同盟なんだよ(笑)

どこで調べるか?

手元にカタログがあったりして…(笑)
Posted by Raptor at 2007年07月09日 12:52
マニアメーター振り切れましたっ!(笑
オォォーーー!! w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w オォォーーー!!

Posted by 瞳(管理人) at 2007年07月09日 13:32
マニアによるマニアの為のマニア同盟ですっ!!
知らないんですか?入れませんよ?(笑

カタログ!考えもしなかった・・・。
クリニック用の医療用カタログですか〜。それはさすがに手に入りませんねぇ・・・残念!
Posted by 瞳(管理人) at 2007年07月09日 13:36
こないだ除隊した人がいるんだよ。そのマニア同盟!厳しくて付いていけないって(笑)

グッジョブ!
Posted by Raptor at 2007年07月09日 21:55
私その方知ってますよ!マニア同盟除隊した後オタククラブに入会したらしいです!(笑

Raporさんもどうぞ♪
Posted by 瞳(管理人) at 2007年07月09日 23:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/47156748
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。