2007年08月01日

レーシック合併症【角膜拡張症】

こんにちは。瞳です。

昨日書いた「術後1ケ月【検診日(2)】」記事の続きとなりますが、「レーシック合併症【角膜拡張症】」について今日は書いてみたいと思います。

角膜拡張症とは?
薄くなった角膜が、眼圧に耐え切れなくなって飛び出してくること。
レーシックなど近視矯正手術において、角膜中心部を削りすぎた場合におこります。ケラトエクタジア、エクタジアともいいます。

角膜拡張症は視力回復手術の合併症で、最もリスクの高い合併症の一つと言えます
レーシック・イントラレーシックのみならず、PRKでも発症する可能性はありますが合併率は1/20と激減します。

2006年5月の屈折手術学会誌で角膜拡張症が議題とされている記事「軽度近視のレーシック後発症の両側性角膜拡張症」を和訳・コメント書かれている記事を読みました。
主要部分のみUPしたいと思います。
(こちらの記事を和訳(要訳)されたのは表層角膜矯正手術を勧めていらっしゃる医師の方ですので、多少PRKよりの発言かもしれません。しかし、患者にとっては有益な情報であることには違いないと考えUPさせていただきました。)
http://www.sangubashi.com/
lasik/complication.html


LASIK術前に角膜の厚さが十分にあり、「フルステ」と呼ばれる角膜拡張症を示唆するサインが角膜解析で認められなかったにもかかわらず、軽度近視の矯正後に角膜拡張症を合併した症例が議論をよんでいる。
※フルステとは・・・角膜が下方にたれている形状のこと

フラップ作成に用いたニデック社製2000マイクロケラトームなら、フラップ厚を160μに設定しても、せいぜい±20〜22μの誤差であり、角膜拡張症を合併させてしまうことはないはずであり、それにもかかわらず、合併症がおきた事が問題である・・・。

確率的には稀とはいえ、日本国内での合併症報告がたった一つの論文のみと言うのが気になります。
海外の論文にはLASIK後の角膜拡張症について多数の報告がなされております。LASIKによる角膜拡張症の合併は術者やマイクロケラトームに問題がなくとも発生します。その可能性を正確に予知できないことに問題があるのです。

角膜の厚みは十分でも、コシが弱ければレーシック後や、イントラレーシックでドアー状のフタを作って実質を削って元に戻しても、角膜がバラけたり、円錐状に突出したりして強い乱視状態を引き起こし、角膜移植に至るのです。

まだ角膜拡張症の術前診断については研究中の段階なのだそうです。
前途にも記載しましたが、こちらのコメントを書かれた医師は表層角膜矯正手術を推奨されています。理由は「レーシックより角膜移植という事態がおきにくい」ことをあげられています。無論
PRKにはPRKのリスクがあります。

コシと言う表現をされていますが、これは
眼の弾力性のことです。
近視が弱くても眼の弾力性が弱い場合、術後のリスクを考えると手術は見合わせる、術式を再検討するなどしなければならないようですね。
フェイキックIOL等角膜を削らなくても良い術式もありますが、これは白内障などのリスクが伴います
どうあれ100%安全な手術はないと言う事ですね。

リスクが高い場合「手術をやめる」と言う選択も必要だと思います。
手術は自己責任です。将来長く付き合う眼のことです。
一度削れば元には戻りません。フェイキックIOLも同じ事が言えます。眼の手術をした事に変わりなく、元には戻りません・・・。
よく考えて決めましょうね!

posted by 瞳 at 16:27| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(8) | レーシック合併症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フラップの有無は関係ありません。角膜の変形しやすさは、ボーマン層を失う表層系の方が高いです。

角膜拡張症に限らず、合併症の多くは残存角膜厚に関係しています。「フラップを作らないPRKの方が、レーシックより残存角膜厚が多くなるので角膜拡張症の発症率が低くなっていると思われる」という表現が正しいです。

Posted by Raptor at 2007年08月02日 13:45
Raptorさんから教えていただいたので、フラップ有無の部分を削除、URLを張り付けました。
もう少しちゃんと調べてみます。
ありがとうございました。
Posted by 瞳(管理人) at 2007年08月02日 15:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49844108
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

レーシック 術後
Excerpt: 術後1ケ月【検診日(2)】レーシック術後の合併症の一つ「角膜拡張症」の事。 近視を矯正するために角膜中心部(角膜実質層)を削りすぎてしまうことが原因で起こり、薄くなった角膜が、眼圧に耐え切れなくなって..
Weblog: 視力矯正・回復・・・目の悩み改善!
Tracked: 2007-08-03 00:23

視力回復手術
Excerpt: レーシック、本当におすすめですよ。世界が変わります。レーシック、視力回復に関する記事を集めています。↓  ↓  ↓  ↓レーシック合併症【角膜拡張症】角膜拡張症は視力回復手術の合併症で、最もリスクの高..
Weblog: 視力回復 レーシック 体験談
Tracked: 2007-08-03 00:41

レーシック 術後
Excerpt: 術後1ケ月【検診日(2)】レーシック術後の合併症の一つ「角膜拡張症」の事。 近視を矯正するために角膜中心部(角膜実質層)を削りすぎてしまうことが原因で起こり、薄くなった角膜が、眼圧に耐え切れなくなって..
Weblog: レーシック手術
Tracked: 2007-08-03 01:29

イントラレーシック
Excerpt: レーシック口コミ 最新ニュースレーシック合併症【角膜拡張症】角膜の厚みは十分でも、コシが弱ければレーシック後や、イントラレーシックでドアー状のフタを作って実質を削って元に戻しても、角膜がバラけたり、円..
Weblog: えっ!?イントラレーシック?
Tracked: 2007-08-03 03:25

近視 乱視
Excerpt: 台風4号の台風の目は近視ですか?台風4号の台風の目は近視ですか?遠視?乱視?お知恵て下さい。あおぺん先生★〆(.P- *)☆ジー・・・(続きを読む) 視力アップ近視視力回復仮性近視遠視老眼メ乱視ピン..
Weblog: 視力回復 レーシックの勧め
Tracked: 2007-08-03 10:54

視力 up
Excerpt: レーシック合併症【角膜拡張症】角膜拡張症は視力回復手術の合併症で、最もリスクの高い合併症の一つと言えます。 レーシック・イントラレーシックのみならず、PRKでも発症する可能性はありますが合併率は1/2..
Weblog: 視力回復トレーニングキャンプ
Tracked: 2007-08-04 05:37

イントラレーシック
Excerpt: レーシック合併症【角膜拡張症】角膜の厚みは十分でも、コシが弱ければレーシック後や、イントラレーシックでドアー状のフタを作って実質を削って元に戻しても、角膜がバラけたり、円錐状に突出したりして強い乱視状..
Weblog: レーシック手術は生命保険の適用内か?
Tracked: 2007-08-08 06:05

レーシック(LASIK)
Excerpt: レーシック(LASIK)での検索結果をマッシュアップ。一語から広がる言葉のポータルサイト。
Weblog: 一語で検索
Tracked: 2007-08-20 21:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。