2007年10月15日

レーシックと角膜ベッド数

レーシック・PRKをご検討中の皆さん、こんにちは。瞳です。

今日は角膜ベッドについて書いてみようと思います。
色々なクチコミ・質問系サイトを見ていると、×ベッド数=レーシック後の角膜厚の事だと思い込んでいらっしゃる方がいるようですが違います。

角膜ベッド数とは
角膜厚−フラップ厚−照射切除厚=角膜ベッド
となります。

・角膜厚・・・パキメーター(角膜厚測定器)で簡単に計測することが出来ます。
・フラップ厚・・・クリニック・術式によって異なります。
・照射切除厚・・・近視・乱視の度数によってエキシマレーザーで切除する角膜の深さは大きく異なります。度数が高ければ高いほど深く切除する必要があります。
・角膜ベッド・・・角膜実質層のこと、250μm残す必要があると言われています。


この中で「自分は角膜厚が薄いからフラップ厚が薄くつくれるイントラレーシックの方がいいのだろう・・・」と思われている方、間違いだとは言いませんが機器の進歩もすさまじいものがあるのですよ。
クリニックによってはレーシックでも角膜厚100μm前後と薄く設定出来るところがありますから、クリニックの無料説明会に参加する、クリニックに問い合わせるなどして確認しましょう。


もう一点、エキシマレーザーの種類によっても角膜除去厚は変わってきます。
色々調べてみましたが、私がPRK手術を受けた舘眼科クリニックに入っている「VISX S4 IR」は優秀と言えるようですよ!
私のように強い乱視が入っていても、切除厚は最小限に設定されるのだそうです♪
エキシマレーザーでクリニックを選ぶべきではないと思いますが、どの機種が入っているのかは確認が必要ですね!

また、必ず患者の目の状態、オペ後について説明をしてくれるクリニックを選ぶできでしょうね。
「イントラ出来ますよ〜」「再手術も可能ですね〜」だけでは不安ですし、一度切除した角膜は戻ってきませんから…。
角膜厚・近視・乱視度数などは個人で異なりますし、目の状態によっても選択出来る術式は違います。
よく悩んでクリニック・術式を選択して下さいね!

posted by 瞳 at 22:25| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | レーシック合併症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/60761441
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。