2007年11月05日

メールQ&A(1)

こんばんは。瞳です。

今後瞳にメールをいただいた方とのやり取りをご本人様の了承を得て情報UPしていきたいと思います。

先日Aさんよりご質問のメールをいただきました。質問の内容および私の返答を簡略化して書かせていただきます。

Q)今現在EPI-LASIKを検討しています。
趣味がアウトドア系(スキー・サーフィン)なのでやはり気になるのが『ヘイズ』についてです。
某クリニックにLASEK術後のヘイズについて問い合わせたところあまり気にしていない様子。
だが、他のクリニックHPでは「術後一年」と書かれていることもあり不安に感じる・・・。
ヘイズについて知っている情報があれば教えてほしい。また、ヘイズが出やすい時期はあるのか?


A)ヘイズ(角膜の濁り)はまず原因を考えると術中の角膜に対する刺激によるものが非常に大きいと思います。
一般的にヘイズは術式そのものが大きな原因になる言われていますが、実際のところ手術をする医師の腕・手術方法に差があるため術式では判断は出来ないのではないか、私はそう考えています。

術式の中でヘイズが出やすいとされていたPRKですが、PRKと一言で言っても3種類あり述法は異なりますので一つにまとめることは難しいでしょう。ただ、ゴルフヘッドのような器具でゴシゴシ擦り上皮を取り除く方法は角膜に負担が大きく危険だと思います。
EPI-LASIKの場合はエピトームによる刺激、またはフラップを作ることで上皮が中に残ってしまう可能性があることもヘイズの原因となりえます。

私の場合は舘眼科クリニックに伺った際、「PRKでも角膜に負担が少ない術式を取り入れている。常識的な注意をすればヘイズの心配はいらないでしょう。」と言われたことで安心して手術を受けました。

またヘイズが出やすい時期がある・・・と言うよりも、「予防をサボったら危険!」と私は思っています。
処方された目薬を欠かさず点す、この時期でも一日中外にいるような時はサングラスを持参する・・・程度の予防ですが、今のところヘイズも出ていません。

以上、
私は医師ではありませんので情報を集め聞き、推測も含まれている部分があるかと思います。
が、少しでもお役に立てればと思い返信させていただいています。

【関連する記事】
posted by 瞳 at 00:31| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メールQ&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/64554411
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。