2007年11月23日

モノビジョンとは?

こんばんは。瞳です。

今日は前回に引き続き老眼系のお話し「モノビジョン」について書いてみようと思います。

モノビジョンとは・・・
一眼を遠見用に他眼を近見用に矯正する老眼矯正法のこと。
簡単に言えば利き目を遠くが見えやすいように完全矯正し、利き目ではない方は近くも見えやすい方に完全矯正せず近視を残すという方法です。
老眼鏡を常に携帯する必要がないというメリットがあります。


個々人の生活スタイルにもよりますが、左右それぞれ異なる状態で遠近両方を補うことができ眼鏡を必要としない生活も可能なんだとか。(別途必要の場合もあります)
目と言う器官は素晴らしいほどの順応性がありますね!!適当だ、とも言えますが・・・(゚ω゚;A)

しかしメリットばかりでもなく、もちろんデメリットもあるのです。
夜間や暗所では見えにくい、読書やパソコン使用時などは眼精疲労がおきやすいなどがあげられます。
特に近見視力については「短時間のみ見えやすい」と言われており、普段の生活(スーパーでお買い物等)では必要なくとも長時間近くを見る必要がある場合(読書等)は視力がボヤけていき眼精疲労に襲われるのです。

夜間の運転を必要とする職業、低照度の中作業をされる方には適さないと言えますね。
個々人の趣味・ライフスタイルを考慮し手術を受けるかどうか、または適応となるかどうか判断されることになります。

・・・実際どのように見えるのでしょうか。
慣れるまでに時間を要するのでしょうが、慣れない方も実際いるのではないかと思ってしまうのですが・・・ないのでしょうかね。

ラベル:モノビジョン
posted by 瞳 at 23:23| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 目についてのプチ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。