2008年02月05日

フェイキックIOLのデメリット

こんばんは。瞳です。

1月に帰省し友人と話しをした際、「フェイキックIOL」の話題が出たので今日はそのことについて書いてみたいと思います。

友人が経営している店舗のお客様がレーシックを受けに東京まで行かれたそうです。
そのお客様曰く、広島でレーシックを受けたい!と思う方の多くは、関東・関西にまで出向くとか・・・広島にもレーシッククリニックはあるけど高額だから、と言う理由らしいです(゚Д゚ノ)ノホント??

その方は残念なことに「適応外」となられ・・・そのクリニック(また聞きなのでクリニック名は不明)ではフェイキックIOLを勧められたそうです。
結局受けずに帰ってこられたそうですが、友人に「どうなの?フェイキックって?大丈夫?」と聞かれ・・・久々にコツコツ調べてみたわけです(´、ゝ`)フッ

以前も
フェイキックIOLについて書いたので、今回はデメリットに絞って書いてみます。

■角膜内皮細胞が減少します!!
何度も書いていますが角膜内皮細胞は再生することはありません・・・。年をとってから白内障になった場合、十分な角膜が残っていないと・・・手術することさえ出来ません。

■フェイキックIOLの場合縫合が必要で、術後乱視が出ることがある
元々乱視がない人の場合、強い乱視が出た時は相当辛いでしょう・・・。

■基本的に保険が適用されない
患者側の費用負担が大きい。

■緑内障を引き起こすこともある

などでしょうか・・・。
フェイキックIOLは「取り出せば元通り」では決してないと言うことを忘れてはいけませんね!!
友人自身もレーシックに興味を持っているようですけど、サーファーなので術式に悩んでるみたいですねぇ〜。。
posted by 瞳 at 02:04| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | フェイキックIOLについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/82378195
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。