2009年03月06日

「銀座眼科で感染症」クリニックは慎重に選択してほしい・・

大変ご無沙汰しております・・瞳です。

仕事が忙しくブログ放置してしまっていたので、このブログは閉じるべきかしら・・と思っていたのですが、アクセスを見ると300超えの日も結構ある!?(驚
レーシック検討中の方々のお役に立てるのであればと思い、ブログはこのまま公開させていただきたいと思います!
※古い情報になっている場合も多々ありますことはご了承ください。


さて、ここ最近レーシックのニュースは残念なものばかりですね・・。

「近視矯正するレーシック 19歳女性、失明も 銀座眼科、手術後67人感染症」

※記事の内容を一部抜粋
銀座眼科(同区、溝口朝雄院長)で、レーザー光線を使って近視を矯正するレーシック手術を受けた患者639人のうち、18歳から66歳の男女67人が、感染性角膜炎や結膜炎を発症したと発表した。2人が入院し、19歳の女性は家族によると、失明の恐れがある重症という。ほかの患者の容体は調査中で、溝口院長は「今後、角膜移植が必要な患者が出る可能性もある」としている。


消毒機器の衛生管理がなされていなかったことが原因(消毒やメンテナンスは一度も行っていない)のようですが、あまりにもずさんな管理体制としか言いようがありませんよね・・。

この記事を受けて各クリニックではHP等で「当院での感染症対策は万全」的な記事が多く見受けられます。
が、本当のところは?銀座眼科では医師としての当然の勤めと言うべき衛星管理がなされていなかった。
実際現場に立たなければ管理状態までは分からないのが現状で、HPの記事だけでは完全に不安が拭えるわけではないでしょう・・。

私達患者側がクリニックを選択する際、何に重点を置いて選択するべきなのでしょうね?
噂話や他人(友人や家族)の話だけで判断することなく、是非ご自身で足を運び考え選択して下さいね!
延びれば戻る”ネイルや髪を切ってもらうこと”とは訳が違うのですから!
手術の後に後悔しても取り返しがつきません・・。

※コメントを下さった方、お返事など出来ずにすみませんでしたm(__)m
posted by 瞳 at 19:19| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | クリニックを選ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

週刊新潮の"告発された「レーシック手術」" "最大手クリニックの「詐欺的商法」"

こんばんは。
またまたお久しぶりです、瞳です。

先週号?の週刊新潮『告発された「レーシック手術」』ご覧になりましたか?
ネットでは前々から書かれていたことのようですが、私は初めて知りました・・・。

特集 告発された「レーシック手術」
最大手クリニックの「詐欺的商法」

”金儲け第一”と言うべき呆れた経営実態を同医院の元職員と現役勤務医が告発・・・

最大手クリニック=品川近視クリニックのことです。
大雑把に説明すると・・・「スーパーイントラレーシック」と「品川エディション 最高級スーパーイントラレーシック」の違いがほとんどないにも関わらず、「品川エディション」の手術費用が5万円程度高いことが今回問題になっているようです。

愕然としたのは、最高級機器の正体!!
今まで使用していたレーザー機器(ブルーライン)に黄色いカッティングシートを貼っただけ!?

勤務医の証言として、出勤すると一夜にして前日まで使用していたブルーラインが黄色くなっていた・・・

それにコンディションメータは「温度湿度系」の事って・・・。

神奈川クリニック眼科と品川近視クリニックは、どちらかが価格を改正すれば追随する関係であることは有名です。
互いの価格競争から赤字となり、利益を出す方法として「品川エディション」が生まれたようですが、現役勤務医からの告発ともなると・・・現場と経営者側との考え方の違いが大きかったのでしょう。
青山院長も辞められたそうですが、やはり関係があるのかしら?と疑ってしまうものです。。

しかし、週刊誌の内容だけで「詐欺だ!」とは言い切れないのではないかと思ってしまうのです。
機器が旧式の物を使用しているわけではないですし、保証期間が長くなるのは本当のことでしょうからね。
実際に院長指名で手術費用ウン十万円UP、保証期間の差で手術費用UPは多くのクリニックが取り入れている内容ですし・・・それが問題ないんだとしたらどうなんでしょう?
まぁカッティングシート貼っただけでプラス5万円!って言われると正直ヒキますけど(苦笑

品川近視クリニックを選ぶ方の中には、「症例数が多い」「大手だから安心(潰れない)」と言うことで選択される方もいるでしょう。それはそれでいいと思います。
違った考え方をすると・・・「今、品川エディションではなくスーパーイントラレーシックを受けるとお得♪」なんて考える方も多いのではないでしょうか(笑
実際、以前よりも安価で受けることが出来るのですから・・・。

ただ、私の考えを言うとやっぱり「信頼出来て対応が親切・丁寧なクリニック」を最低条件として選択したいと思うのです。
皆さんはどうお考えでしょうか。

posted by 瞳 at 01:47| 大阪 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | クリニックを選ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月21日

最新レーシック手術「iLASIK/アイレーシック」

おはようございます。瞳です。

最新レーシック情報を調べていたところ、すでに「iLASIK」なるものが神戸クリニックで始まるんですねぇ!!
医療技術の進歩はすさまじいものがあります・・・。

神戸クリニックのHPを見たら「日本初上陸/アイレーシック いよいよ始まります」とあるので、情報は海外のサイトで調べるしかないのか・・・と思っていたら、あった☆

なんと、徳島県にある「三木眼科レーシックセンター」では2008年2月16日に日本初のiLASIK(アイレーシック)開始!とあるではありませんか!!
はっ?もう始ってるの??
・・・もう「日本初」とか、「初上陸」とか何なんでしょうね(苦笑

まだ詳しい情報は集めていないんですが、三木眼科レーシックセンターのHPを見ると・・・

iLASIKは、「イントラレース社 FS60レーザー」を使用しフラップ作成します。従来のマイクロケラトーム(刃物)を使用するLASIKより安全・確実にフラップ作成が行えます。

また、角膜を切除するエキシマレーザーには最新のウェーブフロント技術「Custom Vue」が可能なAMO社のVISX STAR S4 IRWave Scanを使用し、従来のLASIKでは矯正困難な不正乱視の矯正もできるなど、より精度の高い矯正が可能になりました。
(一部抜粋)


とあります。
3機種のいいとこどりをしますよ!ってことなんでしょうか?
今まではフラップ空けたら次の機器まで歩いて移動だったけど、今後はもう一台の機器で出来るんだよ!ってことかな??
どのHPの内容を見ても詳しくないので、もう少し調べてみますね。

でも、イントラレース社のレーザーを使用してフラップを作成、とあるので神戸もレーザーフラップでの手術へ移行するんですね〜ちょっと意外で・・Σ(・ω・ノ)ノ! びっくりっ!
posted by 瞳 at 08:36| 大阪 | Comment(1) | TrackBack(1) | クリニックを選ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月06日

舘眼科内科クリニック2008年術費用

あけましておめでとうございます!!!
サボリすぎの瞳です(苦笑

今更ですが新年のご挨拶・・・今年もレーシック・PRKについての情報を自分なりにまとめ記事にしていきたいと思っていますので、どうぞ宜しくお願い致しますm(__)m

今年に入り久々に舘眼科内科クリニックのHPを除いてみたところ・・・術費用が大幅変更になっていますね!!
学生さんには嬉しい価格、ですが・・・お年玉をあげなくてはいけない側になっている方々(私含め)にはちょっと高めになってしまいましたねぇ。。

ちゃこさんのおっしゃる通り、昨年度中にPRK手術を受けた私達はラッキーでしたね(´Д`) =3
ビンボー瞳にとって30万を超える費用はイタイのです。。
けれども、以前舘先生は八重洲クリニックで50万円で手術されていたドクター
そう考えると・・・それでも京都価格?で安くなっていると言えるのかもしれません。

後よくよく見ると・・・学生さん以外の一般人は保証期間が一律3年になっているみたいですね。
以前のように半年とか1年とか術費用によって異なると言うパターンではないようです。

他のクリニックまでは調べていませんが、年が変わったことで術費用なども変更になっている場合があるかもしれません。
昨年度の情報を元にクリニックに行くと「あれ!?(゚∇゚|||)!」ってことになりかねませんからお気をつけて!
DSC03022.JPG
モンゲも袴姿でご挨拶。
☆謹賀新年☆
今年も瞳&ジローともども宜しくお願い致しますm(__)m
posted by 瞳 at 23:07| 大阪 | Comment(2) | TrackBack(0) | クリニックを選ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月29日

医療費控除について

レーシックご検討中の皆様、こんにちは。瞳です。

今日は先日ふとしたことから思い出した「医療費控除」について書こうと思います

先日3〜4ケ月に一度通っている婦人科に行ってきました。
毎回もらった領収書は所定の箱に入れておくのですが、その時「あれ・・・ない!!?」とジローを巻き込んで大騒ぎ(゚∇゚|||)ヤバッ!
そう、レーシック・PRK手術を受けた際の「領収書」が見当たらなくなっていたのです!
結局部屋中大掃除して何故か自分のお財布の中から見つかった日には・・・ドッと疲れ果ててしまいました・・・。
そこでついでに?「医療費控除」についてまとめておきたいと思います。

医療費控除とは
自分自身や家族が多額の医療費を支払ったときは、確定申告を行うことで所得税が還付されることがあります。
確定申告するには医師が発行した「領収書」が必要になります。(コピー不可

算出方法・・・
1月1日から12月31日までに支払った医療費ー保険金などで補てんされる金額=A
Aー10万円又は所得金額の5%(どちらか少ないほう)=医療費控除額(最高額200万円)


領収書、ちゃんと手元にありますか?確認しておきましょうね。
私が加入している生命保険はレーシックで給付金が出ないタイプでした。
だからこそ!医療費控除の手続きはちゃんとしなきゃと思っているのです。手続きは面倒かもしれませんが・・・いただけるものはいただきましょう(≧∇≦)ノ

確定申告は2月16日から3月15日までですのでお忘れなきように!


posted by 瞳 at 12:17| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | クリニックを選ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月16日

舘眼科クリニックの適応検査

こんばんは。瞳です。

今更とお思いかもしれませんが・・・本日は適応検査についてお話したいと思います。

先日確認したいことがあった(また後日記事UP予定)ので舘眼科内科クリニックへお電話しました。
あいにく舘先生は患者さんとのカウンセリング中との事で折り返すことに・・・。

そこで何となく「一人あたり適応検査(初診)にかかるお時間ってどれくらいなんですか?」と聞いてみたのですが・・・なんと一人あたり2時間程度お時間の枠を設けられるのだそうですΣ(・ω・ノ)ノオオオ!
※老眼有りの場合はもっと長く時間を取る必要があるのだとか。
・・・逆算すると適応検査の方だけだと一日4〜5人しか予約を取れない事になりますね・・・。

私が始めてクリニックに伺った際、確かに色々な説明を1時間以上して下さいました。
「オープン当時だけよね〜ラッキ♪」と確かチグマさんともブログ内でお話したような覚えがあります・・・。
しかし・・・それは舘眼科内科クリニックにとってごく当たり前のことだったのですね!!

患者一人一人に時間をかけて検査・説明してくれる
のは私たち患者にとって喜ばしい事です!
時間をかければいいというわけではもちろんありませんが「カウンセリングに力を入れている!」というのもクリニック選択時の一つのポイントにされてはいかがでしょうか。
また、色々なクリニックの適応検査に行くこともお勧めします!

検討中の皆様が自分にあったクリニックを選択されますように・・・。

posted by 瞳 at 23:46| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | クリニックを選ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月09日

医師が選ぶレーシッククリニック

レーシック・PRKご検討の方、情報収集中の皆様、こんばんは。瞳です。

今日は以前舘眼科クリニック舘一男先生に伺ったお話を思い出したので書いてみたいと思います。

このブログを読んでいただいている方ならまずほとんどの方がご存知だと思われる、某眼科クリニックの院長の紹介で舘眼科クリニックの門をくぐられる患者さんが多いのだとか。
術式はほとんどの方はやはりPRKを選択されるそうですよ。
※名前を出してよいのか分からないので、残念ながらここではクリニック名は伏せさせていただきますm(__)m

どうしても日程の調整がつかない(学会参加?)等の理由で紹介・・・と言う形をとられるのだと思いますが、やはり有名眼科医が”舘眼科クリニック”を選んだんだ!と言う事実は、患者にとって大きな安心感がありますよね!!
私のクリニック選択に間違いはなかった!
と有名眼科医に太鼓判を押してもらった感じです∩(´∀`)∩♪

また、これも以前伺ったのですが他専門分野の医師の手術も数多くされているようですよ!

「芸能人がどこそこでレーシックを受けた・・・」と言うのも一つの安心感に繋がるのかもしれませんが、どうもスポンサー(イメージキャラクター)契約?なんかでお金のやり取りが見え隠れしているようなところがあるので信頼性には欠けてしまいますからね・・・。
yotuba.jpgクリニックの信頼は医師の腕で勝ち取って欲しい!一患者としてはそう思うのです。

話は変わりますが、とうとう幸せの四葉タクシー発見ですv(≧∇≦)v
乗車されていた方は運転手さんと記念撮影されてたみたいです。羨ましいなぁ・・・。
京都に行かれる方は是非探してみて下さい♪
posted by 瞳 at 20:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | クリニックを選ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月12日

術後視力1.5以上になる!?

こんにちは。瞳です。

クリニックのHPに「××%の方が術後裸眼視力1.5以上に!」等と記載されているのをよく見かけます。
術後裸眼視力1.5以上…コンタクト・眼鏡生活続けていた人間にとってとても魅力的な数値だと思います。
レーシックの手術を受けようと漠然と思っていた頃の私は、これを見た時「こんなに精度が高い手術なんだ〜♪」なんて安易に考えてしまいました。
今思うと「なんて知識がなかったんだろう…」って感じですが(゚ω゚;A)コワイネ

クリニックが術後のデータを公表する事は、患者にとって大きな安心材料ともなりますし、クリニックにとっては良い広告になるでしょう。
ただし、見え方の質はどこまで考慮されているのかと疑問に感じてしまいます。
「はっきり見える1.5」と「なんとなく見える1.5」では感覚的に大きく違うと思ってしまうのです。

下記のURLはアメリカのサイトのものです。
レーシックの結果が思わしくない例のようですが、この見え方でも1.0の視力としてカウントされているみたいですね。
http://www.visionsurgeryrehab.org/
imagegallery.html

※「20/20」は日本では1.0になります

これを1.0とカウントしているのであれば…クリニックの1.5以上はどうなんだろう!?
視力検査表なんて「自信はないけれどなんとなく…右?」と適当に答えることもあるでしょう。とにかく視力検査の結果が1.5と出れば1.5とカウントしているのか!?
そう考えてしまうのは私だけではないと思います。

また、ほとんどのクリニックでは過矯正で遠視気味になってしまった人もこの「1.5以上」の数値に含み公表しているのでしょう…。
(1.5の数値内訳がないので私はそう思っていますが実際は分かりません)

過矯正は言うならばクリニックにとっては都合の良い数値(遠視気味は視力検査では良い数値結果が出る)でしかなく、患者にとって最良の結果ではありません。

クリニックが術後データを公表してくれるのは大変ありがたい事だとは思いますが、その内過矯正数値等が含まれているのかいないのか等、もう少し患者側にアピールしてほしいと思うのです。

患者側も術前にしっかり学ぶ必要はありますが、その材料を患者側に提示するのもクリニックの役目だと思うのですが…今現在の視力回復手術の業界では難しいのかもしれません。

※私は以前の記事でも書きましたが裸眼視力1.5がよいと思っているわけではありません。あくまでも自分の生活・年齢に合わせた裸眼視力を手に入れることがベストだと思っているのです。
でも「××%の方が1.5…」なんて読むと自分もそうなるだろうと期待してしまうわけです。誰だって「クリアな1.5」と認識期待してしまうでしょうから…。

収差(目のゆがみ)にも個人差があるように術後の結果にも差が出てきます。矯正視力に対する意識の差が医師と患者で大きいと術後の不満に繋がってしまいます。事前にしっかり確認をとる・意識の差を埋める必要があると思うのです。
これから手術を受けられる方が術後満足した結果になりますよう祈っています。
posted by 瞳 at 16:32| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | クリニックを選ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

電子カルテ

こんばんは。瞳です。

前から気になっていたJackさんの記事「レーシック術後直後実データ」シリーズ。私も数値を撮らせてもらってデータ化しようかなーと思っていました。

7月7日(土)の検診の際、舘先生にお話ししたところ「いくらでもお見せしますよ」と。
その時今後考えられている電子カルテ?と言うんですかね、パソコンや携帯でカルテを患者が閲覧出来るようなシステムの導入を検討しているというお話しを伺い興味津々!

私実はとっても病院フェチなんです!(笑
・・・ただ単に持病があったり、人間ドックにいけば何か引っ掛かって帰ってくるだけなんですけどね〜ヾ(;´▽`A``

さて、早速カルテについてネットで調べてみました。

カルテと言うのは5年保存が義務付けられているんだそうです。
書面での保管には限界もあり膨大な数を整理も大変だと思います。
では電子化は安全か?と考えると・・・テレビ等で個人情報漏洩がしょっちゅう問題になっているので、それはそれで情報管理が大変になるのでしょうね。

また、メリットとしては患者個人が自宅で自己データをじっくり見ることができるため病気に対する理解が深まる事、院内で情報を共有化することができるため統一した治療計画をたてることが可能(医療ミス・検査ミスの減少)、などがあげられるようです。
また総合病院などでありがちの診察の待ち時間も少なくなるのではないでしょうか。
電子化されていても「患者閲覧」が可能かどうかは病院間で対応が異なるようです

先日、とある検査に引っ掛かったので人間ドックを受けた病院とは別の専門病院に移る事になり紹介状を書いてもらいました。
ここは情報が電子化されているようで、医師から「紹介状を書きますね」と言われてから3〜5分でデータ化されたCD-ROMのような物を渡されました。
・・・ふと昔掛かっていた病院で出された紹介状がA4用紙10〜15枚程度で非常にぶ厚かったのを思い出しました(笑

専門医院では人間ドック医院から渡された画像を基に、「〜〜〜だと人間ドック時に言われているようですが・・・」と話もスムーズで丁寧な診察を受けることが出来ました。
患者として一貫性のある説明にはとても安心出来ますよね!

病院によっては診療記録を患者に配布し「MYカルテ」を作るようにしているとか。一枚づつ綴っていき、患者個人で管理できるのだそうです。他の症状で別の病院で治療を受ける際などとてもいですよね。
また、なんとアメリカでは専用タイピストが音声から診療情報を入力するシステムが確立されているとか!w( ̄Д ̄;)w!!
ただ一人当たりの治療費が高くなるのでは?とも考えられますけどね・・・・。

デメリットも考えてみました。
情報漏えいの問題、患者閲覧がない場合はデータ改ざんが容易であること、患者と医師のコミュニケーションが希薄になる可能性、等が考えられるようです。
特にデータ改ざんは怖いのでやはり患者にも閲覧出来るようにしてほしいものです。

私的に電子カルテにデメリットはあるにせよ、患者のためのシステム、患者に優しいシステムであることに違いはないと思うのでどんどん普及してほしいと思っています。

舘眼科クリニックでシステム導入されることになったら、またブログで感想等?UPしますね!
posted by 瞳 at 00:00| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | クリニックを選ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

エキシマレーザーの選択

こんにちは。瞳です。

昨日までエキシマレーザーについて色々書いてきましたが、私なりに感じた事を書いてみたいと思います。

「VISX S4 IR」だけではなくエキシマレーザー各機種それぞれにアピールポイントや特徴があるのだと思います。
ただ、どの機種が良いのか悪いのかは個々人の目の状況によって変わる場合もあるでしょうし、数値データだけでどうこう言えるようなものでもないような気がします。
もちろん改良を重ね、安全性を確保出来る機種のエキシマレーザーがよいに決まっています。
ただ素人にはなかなか判断がつかず、術式を選ぶ以上に難しいような気がします。

私はクリニックを選ぶ一つのポイントとしては考えましたが、決定打になるようなものではありませんでした。
しいて言えば、エキシマレーザーについては「VISX S4 IR」、「機種C」、「機種A」など複数の選択肢を持ち、そのマシーンを導入しているクリニックから検討したといった感じでしょうか。実際は後付け検討でしたが・・・。

エキシマレーザーの種類も大切ですが、それだけが重要ではないと思うのです。
優れた機器が必ずしも良い結果を残せるわけではない、このことを忘れてはいけないような気がします。

クリニック選択ポイントの一つに費用を考える方は多いと思います。

今後もクリニックの多くは常に最新の機種への変更を検討していくのでしょう。それは医師として最善の手術結果が得られると考えての検討・導入だと思います。おおいに結構なことですよね。
ただし最新のエキシマレーザーを導入することにより莫大な費用が発生します。維持費、人件費等考えれば、今後レーシック・PRKの視力回復手術価格が劇的に安くなることはないと言えます。

それでも安価に設定しているクリニックの場合、やはりオペ数を増やす努力をしていると思われます。
それ以外の手法もあるでしょうが、数をこなすことが一番効果的な対策となるのは事実ではないでしょうか。

以前の記事「レーシックの費用
」でも書きましたが、手術件数が増えれば増えるほど患者一人に時間を割くわけにはいかず流れ作業になりがちです。

どんな優れたエキシマレーザーを持ってしても、手術はその文字の通り人の手によって行われます。
エキシマレーザーの優位性をどれだけアピールしていても、患者が最終的に身を委ねるのは医師です。


「レーシックは”手術”なんだ」と言う意識を持つべきだと思います。

以前の私はレーシック等の視力回復手術がある意味特別だと考えていました。
でも実際大きく異なるのは自由診療なのか保険診療なのかだけで手術は手術です。
大げさな言い方をすればこの手術をしなければ死ぬわけではありません。
と言う事は、焦る必要がありません。迷う、悩む、相談する時間がたっぷりあるのです。

私なりに結論付けると・・・
信頼出来る経験豊富な医師に優れた機器を使い手術してもらう。

その為にまずは複数のクリニックの門を叩き、自分の主治医となる医師を探すべきだと思います。

カウンセリングを十分時間を割いて行ってくれるところ、デメリットもしっかり分かりやすく教えてくださるところ、医師との信頼関係が築けるところ、などなど。
自分自身が考える必須ポイントを並べ、どのクリニックが自分に合っているのか考える必要があると思います。

医師に突っ込んだ質問をしてもいいのでは?
手術に対するデメリットやその医師の経験、執刀数等を聞いてみる・・・その程度で不愉快な顔をするような医師(クリニック)は選択しないほうが無難だと思います。

検討されている方がご自分の主治医を見つけられる事を願っています。

posted by 瞳 at 11:00| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | クリニックを選ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

レーシックキャンペーン 〜eVisionMate〜

DSC02429.JPGこんにちは。瞳です。

先程お買い物から帰ってきたら舘眼科クリニックから封書が届いていました。
私の分と家族分でした。(私も会員登録しておいたんです♪)

早速開けてみると・・・
eVisionMate会員優待券が入ってました。

DSC02430.JPG
封書の中身は・・・

A4版の会員優待システムの説明(下半分は謝礼支払いの為の署名・捺印後返信するようになっています)と優待券が5枚。
それと返信用封筒でした。



説明を読んでみると・・・ゲゲ・・・やっぱりそうか・・・。

(説明文)初診料・検査料が無料になります。また手術料も¥10,000の割引となります。
(優待券)初診時に受付に提示ください。検査料が無料となります。
また手術料・・・

とありました。あちゃ・・・早まっちゃいましたか(笑

私、舘眼科クリニックのHPみつけてすぐに予約申し込んじゃいましたからね〜。
その時点ではまだクリニックのHPもまだ完成されておらず、eVisionMateも募集していませんでしたから。
突っ走りすぎたようです。

多くのクリニックでも同じようなシステム(紹介制度)を実施されてますが、適応検査に行かれる前に是非優待券を取り寄せましょうね。
ほとんどの場合「初診時に必ず持参すること」とありますから。
私のように早まらないように!(笑

※昨日のブログ記事一部訂正させていただきました。すみませんでした。

posted by 瞳 at 19:28| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | クリニックを選ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レーシック説明会

こんにちは。瞳です。

今日は「視力回復手術(レーシック)説明会」について書きたいと思います。

「説明会」はどこのクリニックでもやっているというわけではないようです。クリニックの方針で実施するしないを決めるのでしょうが、是非とも全クリニックで実施していただきたいものです。

事前に不安を取り除くことが出来ますし、自分が思いつかないような質問を他のレーシックを受けようと思っている方がされているのを聞くことも出来る。時間を割くだけの事はあると思うのですが・・・。
また、レーシック関係のブログを読む限りその説明会がとても大きなきっかけになっているようだとも感じます。

私が手術を受ける舘眼科クリニック
でも説明会を実施されるようです。

舘院長は元東京八重洲クリニックの院長をされていました。その当時、東京八重洲クリニックは数多く無料説明会を実施されていたようですが、とても評判が良かったようです。

今レーシックを受けようかどうしようか迷っている方は是非一度足を運んでみて下さい!
カウンセリング時に舘院長が私に詳しく説明してくださったような内容なんだと思います。とても分かりやすくメリットばかり話してくださるわけではなく、デメリット部分の説明が十分にされている、その事が私がここで手術しよう!と思ったきっかけの一つです。

また、適応検査3,000円かかるのか・・・なんて思っている方、無料説明会に行かれてから検査受けるかどうか決められてもいいかもしれませんね!
※訂正します※
eVision会員紹介優待券があれば、初診料・検査料が無料になるようです!


詳細な日程はまだUPされていませんので分かりませんが、日曜日午前・金曜日午後の二回を予定されているようですね。
※日程・予約はクリニックのLASIK説明会予約ページ
から出来ますよ。

私が適応検査に伺ったときはまだオープン間もなく説明会も実施されていなかったようです(予約のみ受付られていたと思います)。
術後でも許してもらえるなら是非一度説明会に行ってみたいな〜なんて思っています(笑
もちろんその時は内容UPしますので。

そうそう、今週水曜日にPRK手術決定しました!
うーん緊張する・・・けど、夢にまで見たHAPPY裸眼生活目前!!と思うと・・・ニヤけてしまう(笑

posted by 瞳 at 01:20| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | クリニックを選ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

舘眼科クリニック 7月末まで9万円割引!

こんばんは。眠れない夜を過ごしている瞳です。

そんな時はブログを更新するに限ります(笑

今回私が手術を受ける事になったのは舘眼科クリニック(eVision-Kyoto)
です。
元東京八重洲クリニック院長の舘一男氏が京都に戻られ開院したクリニックです。

※東京八重洲クリニックは眼科だけでなく、他の診療科(歯科・耳鼻咽喉科)全て今現在休業状態なんですね。お勤めだった先生方は勤め先を失われたんですから大変でしょう・・・。とても良いクリニックと色々なブログにも書かれていたので残念です。

先生のブログをゆっぴさん
に教えていただきましたので、勝手にご紹介しちゃいます。

舘院長のブログ・・・http://blogs.yahoo.co.jp/kyotolasik

なんだかのんびり更新されてるみたいですね(笑

話しを戻しますが、今現在オープン記念と言う事でキャンペーンをされています。以前もご紹介しましたが、再度サイトのコピペをUPしておきます。
割引内容等変更になっているためURLを添付しておきます(2007/9/17)。
http://lasik-kyoto.jp/

私は今のところPRK BASICにしようかと思っています。それで先日聞き忘れた事を舘先生にメールで確認しておきました。

Q:オープン記念
割引とeMateによる紹介割引は併用可能なのか?

A:下記のような回答が届きました。

eVisionMate会員様の紹介によって優待券を持参していただきますと、オープン割引と被紹介者割引が加算されて¥60,000
の割引になります。
紹介してくださった会員様に¥30,000
謝礼が支払われます。
したがってお友達、お知り合いにも会員登録していただき、とお二人で
お互いを紹介しあって手術を受けますと、たいへんお得になります。この場合、¥90,000の割引となります!

って事は、私の場合会員登録したのは家族同様ですから私の手元に3万円がそのまま戻ってきます。レーシック一緒に受ける人を見つけるのってなかなか難しいので、私の場合は家族に会員になってもらっちゃいました。
よって、PRK BASICにした場合、23万円から9万円を引いた14万円で手術可能って事ですね!やった!ラッキー♪

LASIK BASICの場合、なんと!9万円切ってる・・・私はPRKだから無理・・・ちょっと羨ましいなんて思ってしまいます(笑

他のクリニックみたいにモニター募集とかやってもう少し安くしてくれないかなぁ〜なんてまで思ってしまう、欲深な貧乏庶民、瞳です・・・( ̄ー ̄)ニヤリッ
キャンペーン同士の併用は不可、の場合も多々ありますので必ずクリニックに確認しましょう!!

posted by 瞳 at 03:10| 大阪 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | クリニックを選ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レーシックの費用

こんばんは。瞳です。

レーシックの費用ってバカになりませんよね。
あくまでもレーシックは自由診療ですから、クリニックによって価格差は大きいと言えます。

はじめクリニックをいくつかピックアップしましたが、私の場合今思えば価格で選んでいたところが大きかったように思います。もちろん今でも負担が少ないほうがいい!と思っていますけどね(笑

しかし、レーシックの治療には専用の機器(1台数千万の単位です)が必要ですから
莫大な設備投資が必要と言えます。
また、
優秀なスタッフ・術後の検診等の費用、そう考えるとあまり安価に設定されているのも不安を覚えます。「中古の機器なのではないか?」とかね・・・そんなこと考えるの私だけ?・・・じゃないですよね!多分・・・?

ただ、安価な設定が悪いと言っているわけではありません。安価に設定出来る理由があるのでしょう。

例えば・・・
 ・大々的に告知活動をしていない
 (クチコミ・紹介・HPのみで広告)
 ・家賃が安い
 ・レーシック以外の他診療も行っている
 ・手術件数が多い

等があげられるでしょう。

この中で私が不安に感じていたのは
「手術件数が多い」です。1手術あたりの単価を下げる(価格を安価に設定する)には、数をこなさなければなりません。
それが「悪い!」とまでは言いません。けれど私にとってはとても不安な事でした。

私は持病があり、ずっと治療の為通院していました。信頼出来る病院を見つけ同じ先生に数年にわたり診察を受けて完治とまでは行きませんが落ち着いている状態です。

以前の記事「【クリニックを選ぶ】品川・神奈川の比較」でしつこいぐらいにクリニックに問合せたのが担当医について。執刀医に事前に会えないのが不安でした。
私の中で
レーシック手術が特別ではなく、今まで通常かかっていた病院と同じように「信頼出来る担当の医師」が必要だったんです。

担当医師がカウンセリングをしてくれて、執刀医となり、その後の経過もチェックしてくれる・・・。
自分の中で当たり前だったことが、この視力回復手術では通用しないんだな・・・そう感じました。他のサイトで書かれていて「なるほど」と思ったのが、数をこなす為「ベルトコンベアー診療だ」と。
流れ作業的な手術・診療でも成功すれば問題ないのかもしれません。が、自分には合ってない!と思いそのクリニックを選びませんでした。

私と同じように不安だと感じた方はそれをクリニックに伝えてみてもいいでしょう。どのクリニックでも基本的には執刀医を選ぶ事はできますから(追加料金を取られる場合もあります)。

また、費用を考える時に必ずクリニックのキャンペーンをチェックした方がいいですよ!
紹介キャンペーン・平日割引等、クリニックによって価格競争がなされています。適応検査時にチケットを持っていかなければダメ、なんて場合もありますので要注意です!

後は「医療費控除」「生命保険の給付金」についても調べておく必要があります。

医療費控除・・・
月〜12月までの間にご本人または、ご家族(税法での「生計を一にする親族」)が支払った医療費が10万円を超える場合は、確定申告をすれば税金の還付が受けられます。確定申告の際に控除対象になるかどうか、お住まいの地域の税務署にお問い合せください。領収書の紛失には要注意!

生命保険の給付金・・・
生命保険・医療保険に加入されている場合、ご契約内容および生命保険会社によっては、手術給付金が支給される場合があります。(5〜10万程度が戻ってくる可能性あり)
多くのクリニックでは診断書料金(5,000円程度)が必要です。

10万単位のお金が動くわけですから・・・貧乏庶民の私は必死なわけです。
そしてワガママかもしれませんが、信頼出来るお医者様に安価で診ていただきたい・・・そう思ってしまうんですよね(笑

posted by 瞳 at 01:22| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | クリニックを選ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月21日

【クリニックを選ぶ】人それぞれの選択

こんにちは。瞳です。

今日はクリニック選択について考えて見たいと思います。
「良いクリニックを選ぶ」と言っても、人それぞれ感じ方は違います。以前も書かせていただきましたが、
大切なのは、

自分でしっかり学び理解・納得すること!

良いクリニックを選ぶには行ってみること!

だと思います。

行かなければその先生を信頼出来るかどうか分かりませんしね。
適応検査が無料のクリニックが多くなっていますから、是非色々なクリニックを見て決める事をお薦めします。

実際に私は品川近視クリニック神奈川クリニック眼科だけではなく、神戸クリニックと京都にある安淵眼科についても検査を受けようと思っていました。


■神戸クリニック
http://www.kobeclinic.com/

神戸クリニックは説明会の予約が取れませんでした。とあるサイトのクチコミに「陣内(ノリカ)特需で予約が取りにくい」と書いてあってなるほど!と思いました。
こんなところにも影響が出るものなんですねぇ(笑

また、陣内さん以外にも多くの芸能人(SAKURAさん・乙葉さん・森下千里さん等)も選ばれているようですね。だから安心!と決め付ける事は出来ませんが一つの選択材料になるかもしれません。

神戸クリニックに興味を持ったのは、サイト(ブログ)を放浪していた時神戸クリニックで手術を受けられた方がド素人の私にも分かりやすくリポートされているので、きっとクリニックの説明も分かりやすいのでは?と思ったんです。

素人にも分かりやすい説明は大きなポイントではないでしょうか。


■安淵眼科
http://www.yasubuchi-ganka.com/

安淵眼科については先にメール相談をさせていただきました。返答は「とりあえず検査に来てください」と。そりゃそうだ、と予約は必要ないとあるので日程をどうしようかと検討することにした。

その間何度も安淵眼科のHPを見ていたが・・・難しい!なんとなくは分かるんだけど、ある程度勉強してから見ないと理解しづらいのではないかと思う。

そしてとても安価!両目12万(レーシック・イントラ・エピレーシックどれでも)・・・安すぎないか?とも思ったが、眼科としても有名なクリニックだから安価に設定出来るのかな、そう感じた。
更に紹介状を持っている方は、5,000〜10,000円割引になるようですよ。YAHOO等のオークションで紹介状が200円代で売買されているようです。

一般の患者さんと同等に扱われるので待ち時間は長いようです。ただ、それだけ多くの患者さんが集まると言うのはそれだけの価値があると言う事なのではないでしょうか。


私の場合、安淵眼科に行こうとネットで情報を集めていた際、偶然元八重洲クリニックの舘一男先生が京都に新病院をオープンと言うクチコミを見つけたんです。
前々から参考にしていたLASIK LABと言うサイトを書いている人と知り興味を持ちました。
とても分かりやすいサイトで素人の目線に立った書き方だったので、以前から「お気に入り登録」していたんです。

実際電話して行く事になったんですが、それは以前の記事「【クリニックを選ぶ】舘眼科クリニックとの出会い」「【クリニックを選ぶ】舘眼科クリニックへGO!」を見て下さい。


クリニック選びは人それぞれと書きましたが、私がこのクリニックを選んだ決めてを書いてみようと思います。
私が舘眼科クリニックに決めた理由は
舘先生を信頼出来ると感じたから。これが一番ですかね。

先生は
「自分の家族が手術を受けると思って診察している。」

「適応検査は厳しくさせてもらってるんですよ。近視はほおっておくと失明するわけではないでしょう。無理して絶対やるんだ!って必要はないんですから。安全が一番です。」


とおっしゃってました。(言い方は多少違うと思いますが・・・)

そして私の目の状態を見て、イントラレーシック・レーシックは難しいんじゃないかと説明してくれました。

下記はレーシックの動画です。
http://video.google.com/videoplay?docid=-7622553311609728480&q=LASIK

私の眼は角膜厚も十分あり(550μm)、それだけで考えるとレーシック・イントラレーシック共に問題ないと言える。
しかし、右眼の一部に弱い部分がある為吸引に耐えることが厳しいのではないか。舘眼科クリニックではレーシックもやっているが私の場合は不適合だと。

上の画像にあったように眼に印をつけたのち丸い機器で吸引されます。あの吸引力はすさまじいものらしく、弱い部分があると難しいと言う事でした。
また、イントラレーシックはレーシックよりも更に長い時間吸引する為、余計に向いていないとも教えて下さいました。

私に合っているのは「PRK」と言う手術で安全に行うことが出来ると伺い、PRK手術をしようと思ったんです。
先生の「安全性を第一に考える」と言う言葉も自分の背中を押したのかもしれません。

1時間程度時間を割いていただき、ド素人の私に丁寧に手術方法から他の術式について等たくさんのお話しをして下さいました。
患者数が少ない今だからこそ、これだけ時間を割いていただけたのだと思います・・・ラッキー♪(笑

最後に・・・
探しても探しても、PRK体験談のブログって少ないみたいですね・・・。
術前・手術・術後とリポートしていきますので、参考にしていただければと思います!

posted by 瞳 at 13:39| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | クリニックを選ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。