2008年05月13日

術後8ケ月

こんばんは。
とってもとってもご無沙汰していました瞳です(汗

あまりのご無沙汰でこちらで公開しているヤフーメールのログインパスワードを忘れていたり、もちろん記事の書き方さえ忘れる始末・・・(゚ー゚;Aアセアセ
いまだに驚くほどアクセスがあり感謝しておりますm(_ _)m

そして!随分前2〜3月頃にUPするはずだった検診データと画像も忘れていたので、今更ですがUPしたいと思いま〜す!

まずはいつものオートレフデータ。
DSC03336.JPG確か2月頃舘眼科内科クリニックに検診に行った際もらってきたものです

前回の4ケ月データと比べ、大きな差はないものの左目の乱視数値が少し上がってますね。
実際、ここ最近(数か月)は左目の乱視がちょっと出てきてしまったな・・・と感じるのです
ヽ(TдT)ノアーウ…
右目はキレイ・スッキリ!!な状態でいい感じなんですけれど。。

やっぱり心配だし舘先生に相談してみようかしら・・・と思っているところです。
でもまぁ今のところ全く支障はないんですけど。

次の画像は瞳孔径を測ったものです。
DSC03335.JPG

三段階の明るさで瞳孔径を測ってもらうんですが、暗所の瞳孔径は結構大きく開いてたんですね〜。
瞳孔径7ミリ目前!!(笑

どの機械で測ったんだっけ?と画像探したけど、残念ながら撮っていませんでした
Σ(T□T)
※ピュピュロメーターで測定した数値のコピーではありません/「検査機器」参照


次回伺った時に撮ってこようかな!



posted by 瞳 at 02:34| 大阪 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 【体験談】術前術後数値データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

術後4ケ月【検診日】

こんばんは。瞳です。

昨日からジローは吐き気と腹痛、瞳は頭痛と発熱で・・・なんだかなぁとため息つきたくなる週末でした(苦笑
風邪ですかねぇ・・・明日に持ち越さないように今日はゆっくり寝るとします!

さて本題の検診について書こうと思います。
ジローを連れて先週頭に二人で舘眼科内科クリニックへ行く予定を立てていたのですがジローの都合があわず・・・結局金曜日の夕方一人で行くことになりました。

何故ジローを連れて行くことにしていたかと言うと・・・。
彼曰く「小学生の頃眼科に言ったっきり眼科のお世話になったことは一度もない!」と自称視力に自信があったジローですが、実はそんなによく見えていないことが判明。
とりあえず検査だけでも!と思っていたのですが都合がつかず残念です^^;

気を取り直して私の数値を発表しますね。
DSC02837.JPG視力の数値からですが・・・なんと!両目で2.0見えてしまいましたΣ(・ω・ノ)ノヌオ!
コンタクト時代乱視があるから頑張っても1.0見えるか、ってところだったのに・・・裸眼で2.0見えるのには本当にビックリです!!
2.0のランドル環がクッキリ・ハッキリ見えていたわけではないのですが、どちらが開いているのかはちゃんと分かりました。

DSC02838.JPG次にオートレフの数値ですが、乱視がキレイになくなっていますねぇy( ̄ー ̄)y
近視も前回同様の数値・・・いえ左目の数値はまた改善しているようです♪
とっても順調のようで一安心ですね!

DSC02836.JPG最後にカラーマップです。
普段の検診では取らないそうですが、お願いして取っていただきました♪
前回と比較すると大きく変化はないように見えますが、一番初めのカラーマップと比べると・・・他の人の?と思うぐらい違いますね(笑

検診が終わって・・・私が思っていた以上に視力回復していて驚きました!
反対に見えすぎることに不安を感じましたが、特に遠視傾向になっているわけでもなく近いところもよーく見えるのです。

まだ4ケ月目ですから今の数値は『途中経過』
でしかありませんが、今の満足度は?と聞かれると・・・120%大満足!!と言うことが出来ますね(´▽`)
このまま落ち着いてくれますように!
タグ:レーシック
posted by 瞳 at 22:43| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 【体験談】術前術後数値データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

2007/8/31 術後2ケ月数値データ

こんばんは。瞳です。

舘眼科クリニックPRK手術を受け2ケ月目検査時の数値データをUPしたいと思います。
今現在私がいただいたカルテコピーデータはこれで全てです!
DSC02756.JPG
まずは視力データから・・・。
VD(右眼視力)1.5、VS(左目視力)1.2となっており、前回より右眼視力があがっていますね!
患者側はこの裸眼視力数値ばかりを気にしがちですが・・・体調、明るさ、検査側のスキル?等によって数値は変わる場合があります。
カルテデータを聞くときは是非視力データ(オートレフケラトメーターの数値)を確認して帰りましょうね!
DSC02758.JPG
では次に視力データについて・・・画像の日付は切れていますが上と同じく8月31日のデータです。
右眼(R)の近視(S)の数値が前回と比較してもよりゼロに近づいているようですね♪

そして乱視(C)は・・・数値データがない!と言うことはほぼ気にならない状態いなったと言っていいのでしょうか!?
実際この頃乱視はほとんど気にならなくなっていたはずです。

今現在は術後3ケ月を過ぎていますが、おかげさまで裸眼生活を楽しんですヽ(´▽`)/

話は変わりますが、昨日舘クリ仲間のちゃこさんから術後の様子をコメントで教えて下さいました。
ちゃこさんの場合はPRK術後の痛みをあまり感じることがなかったようですΣ(・ω・ノ)ノスゴイ!!
しかしながら術後の裸眼視力が1.0になるまでは私(瞳)よりも時間がかかったとか・・・。

術後の経過には結構大きな個人差・個体差がある
と言うことですね!
posted by 瞳 at 01:10| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 【体験談】術前術後数値データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月27日

2007/7/30 術後1ケ月数値データ(2)カラーコードマップ

レーシック・PRK検討中の皆様、こんばんは。瞳です。

今回は術後1ケ月目のカラーマップを・・・と思ったのですが、その前に・・・
舘眼科クリニックPRK手術をして3ケ月経ちました!
おかげさまで経過順調!クリアな視界を手に入れることができご機嫌です♪ヽ(´▽`)/

今でもたまに自宅ベランダからチェックポイント(オペ前後の物の見え方、スターバスト等の大きさを比較するための自分なりの目視ポイント箇所)を確認するのですが、スターバストがまた少し軽減したように感じます。
次回の検査時、是非とも例の「グレア測定器」(オプティックビジョンテスター)を経験したいですね〜(笑

ではでは早速、術後約1ケ月後のカラーコードマップをUPしたいと思います。
DSC02759 - copy.JPG
オペ日当日データと比較して(「オペ当日のカラーマップはこちら」)・・・全く違いますよね!
蝶ネクタイの形が跡形もなく消えています♪
おかげさまであれほど強かった乱視も今ではほとんど気にならなくなり快適に過ごせています。
(OD・・・右目、OS・・・左目)

舘眼科クリニックのHPに下記のような記載があります。
術後カ月くらいすると、最初に感じていた違和感も消えてきます。しかし、まだ完璧な状態ではありません。変化する可能性があります。もし、まだ乱視が残っていたりしても、追加矯正は急ぐべきではありません。

まだまだ途中経過ですものね。どうかこのまま落ち着いてくれますように!
posted by 瞳 at 15:53| 大阪 | Comment(4) | TrackBack(0) | 【体験談】術前術後数値データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

2007/7/30 術後1ケ月数値データ(1)

こんばんは。瞳です。

舘眼科クリニックPRK手術後約1ケ月経過した7月30日の数値データをUPしたいと思います。
DSC02755.JPG
両目で1.5見える・・・と術後1ケ月検診日の日記には書いていますが、左右それぞれで見ると1.2となっています。
この時、裸眼視力においては1週間目検診時と1ケ月検診時に差はありませんでした。

次に視力データですが、随分近視・乱視数値が落ち着いてきていますね!
DSC02757.JPGオペ日当日のデータと比べると大きな差がΣ(・ω・ノ)ノ!
※「オペ当日データ」「1週間目検診データ」と比べてみると分かりやすいと思います※

私的に1週間目検診後見え方の質がどんどん上がっていき、1ケ月検診時には「ここまで見えれば大満足!」と思っていました。
やはり”見え方の質”が術後患者が満足するかどうかの一つのポイントでしょうね。
但し、以前の記事でも書きましたが(こちら)過矯正になってしまっては何の意味もありません。
術前のカウンセリングでしっかり相談して下さいね!

角膜形状屈折力解析装置でとったカラーマップもあるのですが、これは次の記事で・・・。

話は全く変わりますが・・・久しぶりに以前書いた記事を読み直してみました。
「ヘイズ」と書いたはずなのに”ノイズ”と打っていたり、「眼科」のことを”がんK”と打っていたり・・・ミスが多いですねぇ(苦笑
随時修正していきますので宜しくお願いします(´・ω・`)ノ
posted by 瞳 at 00:12| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 【体験談】術前術後数値データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

2007/7/7 術後10日後数値データ

こんばんは。瞳です。

術後10日の1週間検診時のデータをUPしたいと思います。
DSC02753.JPG
この時点で両目で1.5見えていました!
術前コンタクトをしても1.0見えていなかったので、とても感動したのを覚えています。

当時の記事「術後11日目【検診日】」には『あの合わないコンタクトで見ていた世界と今の世界、全く違う・・・』と書いています。
通常裸眼生活に対する感動があったとしても、そこまで”見え方”に対する差はないのでは?と思いますよね。

何故見え方に感動したかと言うと・・・私は術前、普通のワンデーを使用していました。
無論乱視用使い捨てコンタクトは試してみましたが・・・私の場合医師から「通常のワンデーと乱視用で見え方に大きな差がない」と診断されました。
もちろん
自分が思ったようなクリアな視界を手に入れることは到底出来ませんでした・・・。

当時ワンデーアキュビューの乱視用は発売前だった為、他社の使い捨て乱視用を試したのですが・・・NG。
元々ボシュロムやチバビジョン(・・・だったと思いますが)の製品自体が私の目に合わなかったので、今思えば乱視用も合わなくて当然だったと言えるでしょう。
ワンデーアキュビュー乱視用が販売されていたら別だったかもしれませんけれど。


とにかく術前はコンタクトをつけた状態でも物がいつもブレたように見えていました。
それに慣れていた為まだ近視・乱視ともに残っていますが『クリアビジョン!』と感じたのでしょうね。
ranshi01.gif
乱視があるかも・・・と思われる方、是非「乱視表」でチェックしてみて下さい!
線が均一に見えない、濃淡があるように見える、と言った方は乱視の可能性があるかもしれません。
自分に合ったメガネ・コンタクトの矯正をしなければ、眼精疲労や肩こりになり身体までもだるく感じることもあります。
しっかり検査してみて下さいね!
posted by 瞳 at 00:49| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 【体験談】術前術後数値データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月18日

2007/6/27 オペ当日数値データ(3)

こんばんは。瞳です!

今日はオペ当日の数値データラストです!・・・が、これがUPしても説明が出来ないのです・・(゚ω゚;A)・・
私の勝手な憶測で書いてますのであしからず。。
読み取れる方がいらっしゃったら是非教えて下さい!
DSC02749.JPG
まずこちら・・・多分、オペ直前に計測した角膜厚についての数値だと思います。
それより何より「うん?」と思ったのが・・・私「男(M)」って印字されてる・・・( ´,_ゝ`)プッ
まぁ「F」と書き直されてるのでヨシとしましょう(笑


次の二枚はオペ時のデータでしょうか。
DSC02751 - copy.JPG(OD・・・右目、OS・・・左目)

オペに使用されたエキシマレーザー「VISX S4 IR」より出されたデータなのだと思います。
術前のデータ、指標データ、術後データ・・・だと思いますが、残念ながら詳細は私には読み取れません。

実際右目の方が手術時間が長く感じていましたが、このデータを見る限り左目74μmに比べて右目は93μm・・・なるほど、削る量が違う分時間もかかったと言うことなのでしょう(多分)。

DSC02752 - copy.JPGふと思ったのですが、どのクリニックでも「利き目の検査」ってありますよね。
今まで何故この検査があるのかあまり考えもしなかったのですが、両目の術後利き目の方が見えにくいと満足感は落ちると言われています
利き目の方を少しよく見えるようにする必要なんてあるのかもしれませんね。
もちろん全く別の事で必要な情報なのかもしれませんが・・・。

オペ日データはこれで終わりです。
次からは術後データをまとめていきたいと思います!
タグ:舘一男
posted by 瞳 at 02:00| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 【体験談】術前術後数値データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

2007/6/27 オペ当日数値データ(2)カラーコードマップ

こんばんは。瞳です。

今日は私の角膜形状の測定した「カラーマップ(カラーコードマップ)」をお見せしたいと思います。

カラーマップについては以前の記事「検査機器」でも書きましたが、再度説明しておきますね。

■角膜形状の測定
OPDスキャン・ORBスキャン・(オーブスキャン)・トポグラフィ等と呼ばれる検査機器を用い、角膜の屈折力の分布をコンピュータで解析しカラーマップ(カラーコードマップ)にします。
角膜の形状・屈折力を把握でき、乱視の有無、特徴を調べることが可能。

DSC02746 - copy.JPG■2007/6/27現在
これが私のカラーマップです。
縦型の蝶ネクタイの形をしていますね・・・。強く乱視が強く出ていることが分かります

よ〜く見ておいて下さいね。
後日術後(7/30)のカラーマップもお見せしますが・・・結構大きな変化が見られますから!v(≧∇≦)v♪

舘眼科クリニックの検査機器はTOMEYと言うメーカーのようですね。機種の特定までは出来ませんでしたが、一応メーカーのURLを載せておきます。
http://www.tomey.co.jp/catalog/
shohin/tms4/tms4m_index.html


オペ当日のカルテは後3枚ありますので、後日一気にUPしますね!
posted by 瞳 at 02:47| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 【体験談】術前術後数値データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月15日

2007/6/27 オペ当日数値データ(1)

こんばんは。瞳です。

実家に戻っていたのでまたまたお久しぶりになってしまいましたね・・・(゚ー゚;A
今日はオペ日当日の数値データをUPしたいと思います。
DSC02745.JPG
左画像は・・・画像内には見えませんが上のほうに「手術記録」と書かれています。
上の段の数値は二番目の画像にある視力データと同じですから・・・下の特記事項の数値は裸眼視力1.2を目指した指標数値・・・なんでしょうかね??
これは先生に聞いてみないと分からないですね〜。
DSC02747.JPG
やはり視力データは日・時間等の諸条件によって多少の変動があるみたいですね。
検査する側の担当者によっても数値等に差が出る場合もあるのでしょう。
ORT(視能訓練士)とかOMT呼ばれる専門職の方々がいるので、どれほどかは分かりませんが差があるのだと思います。

DSC02748.JPG ORTとは視能訓練士とも呼ばれ、視能訓練士法に基づき、厚生労働大臣の免許を受け、視能訓練を専門技術とすることを認められた者です。
医師の指示のもとに、両眼視機能に障害のある者に対するその機能回復のための矯正訓練及びこれに必要な検査を行う業務をします。

そうそう、昨日はちゃこさんが舘眼科クリニックでPRK手術を受けられたはず・・・。
私のブログを見られるのは来週以降になるでしょうね。
また術後の様子等をお待ちしておりますヽ(´▽`)/

オペ当日の数値データはまだあるので次に・・・

posted by 瞳 at 19:45| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 【体験談】術前術後数値データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

2007/6/18 術前数値データ(2)

こんばんは。瞳です。

昨日の続きとなりますが、今日は「角膜内皮細胞」について書いてみたいと思います。

■2007/6/18 舘眼科クリニック
DSC02744.JPG角膜内皮細胞については以前書いた「検査機器」と言う記事でも触れていますが、今回はもう少し詳しく書いてみたいと思います。

左画像がスペキュラーマイクロスコープで測定した私の角膜内皮細胞データです。
残念ながら勉強不足で数値データを全て読み取ることが出来ません・・・。
ここで見ておきたいのは「CD(細胞数)」の数値と細胞の形と密度。1mu(平方ミリメートル)あたりどれぐらいの細胞密度なのかが重要となってきます。

 右目・・・3017個
 左目・・・3047個


まず再度角膜内皮について分かりやすく記載されているサイトがありましたので、是非そちらを参考にして下さい。
http://www.wakakusa-contact.com/cell.html

角膜内皮細胞とは、角膜の一番内側にある細胞のことです。(角膜の構造についてはこちらのサイト「Lasik Lab」で確認下さい)
この内皮細胞が正常に働くことにより角膜は透明に保たれ、光を眼の中へ透すことができます。

角膜内皮細胞は細胞の大きさのバラツキもなく、成人で2500〜3500個/mu程度あるのが正常です。
角膜内皮細胞が1000/mu以下になると角膜を透明に保つことが出来ず、角膜混濁が生じます。また、角膜浮腫が起こり「水泡性角膜症」となり、最悪の場合は失明と言うことも・・・。
年齢とともに減少し二度と再生しない細胞です。
そのため、一部の細胞が障害されるとその隣接する細胞がカバーするため一つの細胞自体が大きくなってしまいます。

私の場合3000以上の細胞数とはなっていますが・・・やはり大きさに多少バラツキがあるのが特徴ですね。
コンタクトの装用時間を守らず長時間使い続けていた事が悔やまれます・・(T_T)

また、50代以降になると心配なのが「白内障」ですよね。
角膜内皮細胞数が少ない場合手術が出来ない、なんてこともありえるようです。
コンタクトレンズは装用時間・方法を守りましょうね!必ず定期的に検査もしましょう!後悔しても後の祭りですから・・・。
posted by 瞳 at 00:59| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 【体験談】術前術後数値データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月04日

2007/6/18 術前数値データ(1)

こんばんは。瞳です。

今日は術前の数値データをUPしたいと思います。

■2007/6/18 舘眼科クリニック
DSC02742.JPG
まず角膜厚データ
手書きで書かれていますが、
 右目・・・556μm
 左目・・・574μm

ですね。
角膜厚の平均は520μm程度と言われていますから・・・両目とも550μm以上とは我ながら素晴らしい角膜厚です(笑

右下にあるのは多分眼圧データでしょうか。
 右目・・・14mmHg
 左目・・・15mmHg

一般的には正常眼圧10〜21mmHgと言われているようですが、日本人の平均はもう少し低いのだとか。
また、眼圧は1日の中でも上下変動するようです。(変動幅は3〜6mmHgもあるのだとか)
※眼圧が高めの方は定期的に診察してもらう事が大切です。

DSC02743.JPG次に視力データです。
数値の見方は以前の記事「視力結果の見方」で確認下さい。

Sがマイナス表記なので「近視」であることがわかります。
右目・・S−6.75、C−2.25、A176
左目・・S−6.75、C−2.00、A3


ここまでは以前書いた神奈川クリニック適応検査の数値データとあまり大きな差はないようですね。

後もう一つ「角膜内皮細胞」の検査画像もあるのですが、少し詳しく書きたいと思うので次の記事で。

posted by 瞳 at 00:15| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(1) | 【体験談】術前術後数値データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月22日

視力結果(度数D/処方箋)の見方

こんにちは。瞳です。

最近ご無沙汰してました。実はIE7とSeesaaブログの相性がすこぶる悪く、Firefoxと言うブラウザを追加インストールしやっと記事が書けるようになりました(´Д`) =3
※まだ文字の大きさがプラウザによって異なる等問題はあり・・・多少見づらい状態が続くかもしれませんが、現在奮闘中なので今しばらくお待ち下さい・・・。

今日は素人には分かりにくい暗号のような視力結果(度数)について書いてみようと思います。

私はコンタクト&眼鏡暦が長いにも関わらず、度数について何の知識もありませんでした。
だからレーシックの適応検査に行ったとき見せられた数値を見ても「RV?S?・・・全くワカラン(・・?」状態でした(苦笑
クリニックによって表記も多少違いますしね。

私の術前の度数を例にしてみると・・・
R=0.03(1.5 S−6.25D C−2.25D A×180°)

とは・・・RVとも表記されます。右目のことです。左目はLもしくはLV。
とは・・・
(Spherica)球面レンズ度数のこと。屈折度数(球面度レンズ)はマイナス(ー)が近視の度数、プラス(+)が遠視の度数を表します。
近視・遠視は4段階に分けられます。
  ±3.0以下 軽度
  ±3.25〜6.0以下 中等度
  ±6.25〜10.0以下 強度
  ±10.25以上 最強度

とは・・・(diopter)ジオプタ。単位。
とは・・・
(Cylindrical)円柱レンズ度数のこと。乱視度数(円柱レンズ)は乱視の強さを表します。
A×とは・・・乱視軸の角度のこと。0〜180°で表されます。直乱視、斜乱視、倒乱視が分かります。

j上記表記から私の右目の「裸眼視力」は0.03であることが分かります。
次にカッコの中にある1.5についてですがこれは「矯正視力」になります。。S−6.25D、C−2.25Dと言うレンズの条件で1.5が出たと言うことでカッコの中にまとめてあるらしいです。

また、メガネにはPDと呼ばれる瞳孔間距離の数値がありますし、コンタクトにはBC(ベースカーブ)と呼ばれるコンタクトが角膜に接している曲率直径、Diaと呼ばれる直系等様々あります。

処方箋もらってもPRK手術受けるまで、私は全く読み取れませんでした。
今回一つの例として上記例をあげましたがクリニックによって多少表記が異なってきますので、分かりにくければ担当医師に確認して下さいね!
posted by 瞳 at 18:18| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 【体験談】術前術後数値データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。