2008年06月17日

安淵眼科でエピレーシック 〜はじめに〜

こんばんは。瞳です。
そして、またまたお久しぶりです(苦笑

今日はとってもステキなお知らせがあります♪
安淵眼科エピレーシックを受けられた”マリさん”が体験談を書いて下さいましたッ!ъ( ゚ー^)イェー♪

以前から思っていたことですが、安淵眼科の体験談はなぜか少なめ・・・。
情報を集めたくてもなかなか難しい・・・そう思っていたので、マリさんに思い切ってお願いしたのですが快諾していただきましたっ
O(≧▽≦)O ワーイ♪

やはり安淵眼科で手術を受けられたマリさん自身も「安淵眼科の情報が少ない」、そう感じていらっしゃったそうです。
「これから受けられる方のお役に立てるのなら」と、
お仕事でお忙しいのに・・・大変詳しく書いて下さってます。
何度かに分けてUPさせていただきたいと思います。

マリさん、本当に感謝です!!ありがとうございました!
゚☆,。・:*:・゚★♪Thanks♪★,。・:*:・☆゚




posted by 瞳 at 22:50| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【安淵眼科】マリさんの体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月21日

最新レーシック手術「iLASIK/アイレーシック」

おはようございます。瞳です。

最新レーシック情報を調べていたところ、すでに「iLASIK」なるものが神戸クリニックで始まるんですねぇ!!
医療技術の進歩はすさまじいものがあります・・・。

神戸クリニックのHPを見たら「日本初上陸/アイレーシック いよいよ始まります」とあるので、情報は海外のサイトで調べるしかないのか・・・と思っていたら、あった☆

なんと、徳島県にある「三木眼科レーシックセンター」では2008年2月16日に日本初のiLASIK(アイレーシック)開始!とあるではありませんか!!
はっ?もう始ってるの??
・・・もう「日本初」とか、「初上陸」とか何なんでしょうね(苦笑

まだ詳しい情報は集めていないんですが、三木眼科レーシックセンターのHPを見ると・・・

iLASIKは、「イントラレース社 FS60レーザー」を使用しフラップ作成します。従来のマイクロケラトーム(刃物)を使用するLASIKより安全・確実にフラップ作成が行えます。

また、角膜を切除するエキシマレーザーには最新のウェーブフロント技術「Custom Vue」が可能なAMO社のVISX STAR S4 IRWave Scanを使用し、従来のLASIKでは矯正困難な不正乱視の矯正もできるなど、より精度の高い矯正が可能になりました。
(一部抜粋)


とあります。
3機種のいいとこどりをしますよ!ってことなんでしょうか?
今まではフラップ空けたら次の機器まで歩いて移動だったけど、今後はもう一台の機器で出来るんだよ!ってことかな??
どのHPの内容を見ても詳しくないので、もう少し調べてみますね。

でも、イントラレース社のレーザーを使用してフラップを作成、とあるので神戸もレーザーフラップでの手術へ移行するんですね〜ちょっと意外で・・Σ(・ω・ノ)ノ! びっくりっ!
posted by 瞳 at 08:36| 大阪 | Comment(1) | TrackBack(1) | クリニックを選ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月16日

瞳孔径測る機器

こんばんは。瞳です!
今日もせっせと深夜に更新してみます(笑

先日言っていた「瞳孔径を測る機器」についてですが、ごめんなさい・・・ありました。
ので!画像UPしたいと思います♪
DSC03342.JPG
この機器を使い三段階の暗さでの瞳孔径を測ってもらいます。
ボーッとしてると、明るさが変わって目を閉じるのを我慢してるとあっと言う間に瞳孔径が測れますよ。

7mm以上ある方は・・・要注意ですねぇ。
瞳孔径の大きさによっては夜間ハロー・グレアが大きく出てしまう可能性があります。
夜間運転する・しない、や生活環境によっても違うのでしょうが・・・、瞳孔径が大きい方はドクターとよくよく相談の上手術する・しないを決めて下さいね!!


posted by 瞳 at 03:10| 大阪 | Comment(1) | TrackBack(0) | 手術検査機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月13日

術後8ケ月

こんばんは。
とってもとってもご無沙汰していました瞳です(汗

あまりのご無沙汰でこちらで公開しているヤフーメールのログインパスワードを忘れていたり、もちろん記事の書き方さえ忘れる始末・・・(゚ー゚;Aアセアセ
いまだに驚くほどアクセスがあり感謝しておりますm(_ _)m

そして!随分前2〜3月頃にUPするはずだった検診データと画像も忘れていたので、今更ですがUPしたいと思いま〜す!

まずはいつものオートレフデータ。
DSC03336.JPG確か2月頃舘眼科内科クリニックに検診に行った際もらってきたものです

前回の4ケ月データと比べ、大きな差はないものの左目の乱視数値が少し上がってますね。
実際、ここ最近(数か月)は左目の乱視がちょっと出てきてしまったな・・・と感じるのです
ヽ(TдT)ノアーウ…
右目はキレイ・スッキリ!!な状態でいい感じなんですけれど。。

やっぱり心配だし舘先生に相談してみようかしら・・・と思っているところです。
でもまぁ今のところ全く支障はないんですけど。

次の画像は瞳孔径を測ったものです。
DSC03335.JPG

三段階の明るさで瞳孔径を測ってもらうんですが、暗所の瞳孔径は結構大きく開いてたんですね〜。
瞳孔径7ミリ目前!!(笑

どの機械で測ったんだっけ?と画像探したけど、残念ながら撮っていませんでした
Σ(T□T)
※ピュピュロメーターで測定した数値のコピーではありません/「検査機器」参照


次回伺った時に撮ってこようかな!



posted by 瞳 at 02:34| 大阪 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 【体験談】術前術後数値データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月05日

フェイキックIOLのデメリット

こんばんは。瞳です。

1月に帰省し友人と話しをした際、「フェイキックIOL」の話題が出たので今日はそのことについて書いてみたいと思います。

友人が経営している店舗のお客様がレーシックを受けに東京まで行かれたそうです。
そのお客様曰く、広島でレーシックを受けたい!と思う方の多くは、関東・関西にまで出向くとか・・・広島にもレーシッククリニックはあるけど高額だから、と言う理由らしいです(゚Д゚ノ)ノホント??

その方は残念なことに「適応外」となられ・・・そのクリニック(また聞きなのでクリニック名は不明)ではフェイキックIOLを勧められたそうです。
結局受けずに帰ってこられたそうですが、友人に「どうなの?フェイキックって?大丈夫?」と聞かれ・・・久々にコツコツ調べてみたわけです(´、ゝ`)フッ

以前も
フェイキックIOLについて書いたので、今回はデメリットに絞って書いてみます。

■角膜内皮細胞が減少します!!
何度も書いていますが角膜内皮細胞は再生することはありません・・・。年をとってから白内障になった場合、十分な角膜が残っていないと・・・手術することさえ出来ません。

■フェイキックIOLの場合縫合が必要で、術後乱視が出ることがある
元々乱視がない人の場合、強い乱視が出た時は相当辛いでしょう・・・。

■基本的に保険が適用されない
患者側の費用負担が大きい。

■緑内障を引き起こすこともある

などでしょうか・・・。
フェイキックIOLは「取り出せば元通り」では決してないと言うことを忘れてはいけませんね!!
友人自身もレーシックに興味を持っているようですけど、サーファーなので術式に悩んでるみたいですねぇ〜。。
posted by 瞳 at 02:04| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | フェイキックIOLについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月04日

新しいレーシック!Ziemer社の「Z-Lasik」

こんばんは、お久しぶりです、瞳です!

今日は新しいレーシックについて書いてみようと思います。
既にドクターが管理されている?サイトやブログ、ずいぶん前にRapterさんのブログでも「Ziemer社のFEMTO LDV」について書かれているので今更的ですが・・・(苦笑

Ziemer社と言う会社名は私は全く知りませんでしたが、
マイクロケラトーム「AMADEUSU」の開発メーカーなんだそうです。
今現在日本には導入されておらず、2月に東京レーシックセンターというクリニックで初めて導入されるとか。舘眼科クリニックとeVisionMateでつながっているようですね。

どんな術式なのか色々調べていたらYouTubeで動画を見つけましたので貼り付けておきますね!(英語ですけど・・・)
http://www.youtube.com/watch?v=XgmI9J-iuaI

◎東京レーシックセンターのHP説明文には・・・
  ・イントラレーシックよりも更に精密なレーザーメス
  ・切開面がよりスムーズできれいに切れる
  ・イントラレースのような熱凝固や熱変性を生じない
  ・イントラレースより角膜厚の損失がはるかに少ない
  ・イントラレースのような術後炎症を生じない
  ・装置がコンパクトで手術システムが複雑にならない
等々の特徴があるそうです。

術後フラップ面がイントラレースのような
熱火傷痕がなく、角膜の正常構造を残した状態で確認出来るようです。
また、軽量でイントラレースが約500kgのところ、Ziemer社のZ-Lasikは200kg。そして可動式!大きな特徴として、イントラレーシック手術の際の移動(フラップを開けたら別室に・・・)がない!これは患者の負担が減るので大きなメリットですね!

もっと詳しく書きたかったのですが、情報がなかなかなくて・・・。

また英語が分かる方はZiemer社の説明で詳細をどうぞ・・・(Ziemer Z-Lasikこちら

posted by 瞳 at 00:59| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 目についてのプチ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。